研究
HOME > 研究 > 産学官連携 > 学内の方へ > 生物遺伝資源の提供・受領に関するMTAについて > 受領(Incoming MTAs)

受領(Incoming MTAs)

受入申出をする前に・・・

1.生物遺伝資源の受領が本学の「成果有体物取扱規程」や関係する法令に抵触していませんか?
  →抵触している場合は受領できません。

2.組換えDNA実験用ですか? 
  →組換えDNA実験用の場合、学事総務課(内線:5012)へ連絡し、 組換えDNA実験安全委員会に申請を行ってください。承認後MTAの手続を進めます。

3.生物遺伝資源の受領について、外部機関との研究契約に内包している、または研究契約が進行中ではありませんか?
  →内包している、または研究契約進行中の場合は契約の範囲内で処理できます。新たにMTAを結ぶ必要はありません。

4.提供元外部機関と大学間のMTAが必要ですか?
     →必要ない場合は研究者個人で生物遺伝資源を受領することができます。