学部
HOME > 教育 > 学部紹介 > 歯学部案内

歯学部案内

はてしなき歯科医学の世界へ。自己実現の追求にとどまらず、患者さまと相対する生き方を考える場です。

歯学部長 三浦 廣行 1965年に東北・北海道で最初の私立歯科医育機関として設置認可されて以来、岩手医科大学の建学の精神である「誠の人間の育成」を実践しながら、人を思いやる心や健全な視点を持ち合わせた歯科医師育成に取り組んできました。医学部・薬学部を擁する大学の特徴を活かした隣接医学の推進、歯科・口腔領域への薬学的アプローチなど医歯薬統合に基づく幅広い知識や技術の向上が期待されています。
また現在歯学部の改革プロジェクトが進行中であり、日本国内はもとより世界で活躍できる歯科医師の育成を目指しております。(詳細はこちらから

副学長・歯学部長 三浦 廣行
[口腔医学講座 歯科医学教育学分野]

探求への視点と提言

問題解決型学習
歯科医師には生涯学習が必要であり、6年間だけで教育が終了するものではありません。そのためには、能動的に学習する態度や能力を学生の間に身につけておく必要があります。問題解決型学習は、学生が自ら課題を見つけ、解答を探し、学んだことを発表する過程において、新しい分野を自らの力で切り開く能力を養う学習方法です。クラスを6名ずつの小グループに分け、各グループを担当する一人のテューター(教員)と共に、各学年に適した学習テーマに取り組みます。

新臨床系基礎実習室
双方向型のマルチメディア教育システムを導入。デジタル化した教材を学生へ配信、教員へのリポート送信、そして自己学習の際のフリーアクセスなどが可能です。実習机には、臨床をシミュレートしてマネキンを装着した診療ユニットを設置。三次元形状計測装置や切削圧感知センサーも備わっています。

多面的な歯科医学教育
先進歯科医療研究センターで行うプロジェクトは診断法、治療法、材料に関することなど多彩です。一連の成果は教育にフィードバックされ、学生は、より新しい情報を吸収できます。また臨床実習の一環に内科学が加えられ、診療アプローチや治療方針の立て方、基礎的な手技を学べます。

CBT、OSCEから臨床実習へ
歯内療法学・歯周病学・口腔外科学・小児歯科学ほか、臨床歯科医学に関する多様な専門科目が開講される4年次。その学年末には、臨床実習を行うための知識・問題解決能力・臨床推論における到達度を評価するのが「CBT」。また模擬患者やシミュレーターのある試験室で医療面接・身体診察・検査・治療手技を行うのが「OSCE」です。臨床へのハードル突破に向け、厚いサポートが行われます。

全身管理の観点で「隣接医学」
医学部の講座と連携して推進される隣接医学(5年次)も、カリキュラムの大きな特色です。社会系・内科系が法医学・小児医学科・皮膚医学科・神経精神科学・臨床検査医学。そして外科系が、整形外科科学・産婦人科学・耳鼻咽喉科学・眼科学・泌尿器科学という科目構成です。臨床歯科医学と各科との関連性を軸に学ぶことで、より奥行きのある知識や考え方が得られます。また薬学部の誕生を期に、医療薬学の知見と歯科医学教育の融合が図られようとしています。

カリキュラム

歯学部歯学科の6年一貫教育

歯科医師としてのバックグラウンドを培い、確かなものとする6年間。トータルな資質を高めるため、隣接医学との学際性も追求する。

第1学年前期では、文学や哲学などのリベラルアーツや歯科専門教育に向けた準備教育、後期からは歯科専門教育を実施するとともに、問題基盤型学習(PBL)としての医歯薬連携教育を推進しています。また、歯科医学生としてのモチベーションおよびコミュニケーション能力の向上を目指して、本学附属病院歯科医療センターでの病院案内実習を実施しています。加えて、他職種連携による理想的な医療環境を築くためにはその理解が欠かせない看護や介護の実体験をします。また第1学年では、医学部、歯学部および薬学部と共同で、入学者全員を対象に基礎学力調査(試験)を行い、その結果をもとに入学時前の高校教育における不得意科目の補習授業(高校からの橋渡し科目)を行っています。

第2学年および第3学年前期では基礎歯科医学の系統講義ならびに実習を実施するとともに、医歯薬連携教育によりチーム医療について考えます。また解剖学実習(臨床解剖学)については、医学部と合同で学習します。加えて、歯科医学の専門性を重視するために、頭頸部の解剖を別途追加して実施しています。これらの基礎歯科医学教育により、第3学年後期から始まる臨床歯科医学学習のための土台作りを行います。

第3学年後期および第4学年では臨床歯科医学教育を行っています。ただし、これまでの各科別系統講義・実習をやめ、ハーバード大学歯学部の授業形式を取り入れることにより歯科臨床の流れに添ったプログラムを編成し、臨床歯科医学教育を科目横断的に行っています。さらに、歯科医療センター外来での臨床基礎実習を取り入れて、次年度の臨床実習にスムーズに取り組めるように工夫しています。

第4学年終了前には、臨床実習前の共用試験(OSCEとCBT)を行い、これらの試験に合格したもののみが、基礎歯科医学や臨床歯科医学を十分に修得したものと認め、次年度に行われる臨床実習に進めることとなります。

第5学年では、実際に患者様を治療する診療参加型臨床実習を積極的に推進しています。本実習の成績優秀者は、ハーバード大学をはじめとした国内外の大学や診療施設でのさらなる臨床研修に参加することができます。また歯科診療に深く関わる隣接医学を学習するために本学医学部教員による医科学としての学習を進めます。加えて、この時期に歯科治療の根拠となる基礎歯科医学の要点を繰り返し学習して、歯科治療の原理について理解を深めます。それから、ハーバード大学歯学部の授業形式に習い、実際に経験した臨床症例をもとにした問題基盤型学習としてのケースプレゼンテーションを実施しています。

第6学年では、これまでに学習して来た基礎歯科医学と臨床歯科医学としての知識・思考あるいは態度・技能について、それらの全てが密接に繋がって身に付くように総合的な講義を実施しています。これらの学習を進めることにより、歯科医師国家試験に十分に対応できる知識とその応用力を鍛えます。また医歯薬3学部連携での合同セミナーでは、医歯薬それぞれの領域にまたがる臨床症例に対する診断や治療法などについて、学部横断的なディスカッションを実施します。

そのほか、6年間を通じて、歯科医療のグローバル化、先進化に対応できる情報収集能力、コミュニケーション能力の向上を目的に、歯科英語を用いたコミュミケーション能力を上げるための教育を実施しています。

■歯学部歯学科の履修体系PowerPoint プレゼンテーション

各種方針

在校生メッセージ

関連リンク