研究
HOME > 研究 > 大学院紹介 > 医学研究科案内 > 講座・分野等紹介 > 放射線腫瘍学科

放射線腫瘍学科

講座・分野紹介

放射線腫瘍学は,放射線を用いて,がんの治療・病態を研究する学問分野です。社会の高齢化に伴い悪性腫瘍患者が急速に増加している現在,身体の負担が小さい放射線治療の需要は急激に増加しています。更に,科学・技術の進歩は,放射線治療の日常臨床を大きく変化させています。このような状況の中で,放射線生物学・放射線物理学の基礎に精通し,がんの集学的治療・チーム医療の中で様々な職種と協力して,がん治療の進歩を担う医療人の育成を目的にしています。

主な研究内容

  1. 高精度放射線治療に関する基礎的・臨床的研究
  2. 小線源治療における外部照射との融合評価,画像誘導治療法の研究
  3. 画像誘導放射線治療における基準マーカー活用に関する物理的・臨床的研究
  4. 転移性脊髄圧迫症等に対する緊急放射線治療の臨床・システム研究
  5. 広域ネットワークシステムを用いた地域連携がん治療体制の構築

学生へのメッセージ

当科では放射線というモダリティを軸に,疾患横断的にあらゆる新生物に対処できる腫瘍医・専門医療人の養成を目指します。がんプロフェッショナルとしての臨床・研究の経験を積んだ医療者が,これからのわが国の医療にとても重要と考えています。放射線腫瘍学科