研究
HOME > 研究 > 大学院紹介 > 医学研究科案内 > 講座・分野等紹介 > 内科学講座(循環器内科分野)

内科学講座(循環器内科分野)

講座・分野紹介

当科は、『ハートチーム』を形成し、日々の診療や研究に従事しています。虚血性心疾患や末梢血管疾患、構造的心疾患に対するインターベンション治療や不整脈に対するカテーテルアブレーション・デバイス治療、救急治療から慢性期疾患へと多岐にわたる心臓・血管疾患を診療しています。循環器を専門としながら幅広い診療能力と研究マインドをもつ内科医の育成を目標としています。また、心血管リサーチセンターを設置しており、臨床のみならず研究にも力を発揮できる環境が整っています。当科からの業績を発信すべく、国内外での学会で、積極的に発表できる機会を作ります。当科大学院では、主に循環器系疾患の病態理解とその制御・治療・予防を研究しています。

主な研究内容

 患者さんを診ながら研究します。ヒトを対象とした研究(いわゆる臨床研究や疫学研究)が中心です。

◇虚血性心臓病の診断と治療

・ステントや新規デバイスなどのインターベンションの臨床研究

・冠動脈イメージングなどの新規モダリティに対する検討

光干渉断層法の全国コアラボ解析受託・循環器医療センター放射線科との共同画像研究

・各種多施設共同研究の計画・参画

・岩手県の急性冠症候群登録事業推進;ACSレジストリーの構築

・心筋梗塞症の成因や合併症に関する治療や予後の研究

・動脈硬化の成因と治療に関する分子生物学的研究

◇構造的心疾患(Structure Heart Disease)に対するカテーテル治療の

研究:心臓弁膜症・成人先天性心疾患のカテーテル治療の研究、心房細動の左心耳の画像化の研究

◇心疾患に対する分子生物的研究

岩手東北メディカルメガバンク機構と共同での、動脈硬化や虚血性心疾患、心筋症・弁膜症などの成因や治療に関する分子生物学的研究

◇心不全の病態の解明

・重症心不全管理と塩分管理の手法確立

◇地域住民を対象とした循環器疾患の発症やその予防に関するコホート研究

◇運動療法・リハビリテーション・スポーツ医学の臨床研究

 

循環器内科1循環器内科2

循環器内科3循環器内科4

学生へのメッセージ

循環器医療センターは北日本唯一の専門施設で、内科・外科・放射線科・小児科・麻酔科までのスタッフがすべて循環器専門であり、『ハートチーム』のもと、集学的に心臓血管の診療研究が可能です。

各分野の専門家(冠動脈・構造的心疾患インターベンション、不整脈アブレーション、大動脈・血管、心不全・心筋症、運動リハビリテーション等)がスタッフとして活躍しており、多岐にわたる分野での研鑽が可能です。

学位・博士号のみならず、循環器専門医・心血管インターベンション認定医・専門医・内科認定医・内科専門医などの各種専門医の資格取得に対する支援も積極的に行っています。