研究
HOME > 研究 > 大学院紹介 > 医学研究科案内 > 講座・分野等紹介 > 臨床遺伝学科

臨床遺伝学科

学科紹介

次世代シークエンサーやDNAマイクロアレイなどの検査法普及により、がん、高血圧症、糖尿病などのCommon diseaseも含めた各種疾患への遺伝学的解析が次々と行われる様になってきております。しかしながらその一方で、これら遺伝情報の回付に関しては内容・方法等、今後検討していかねばならない事項が山積しております。また遺伝情報の回付の中心になる遺伝カウンセリングを日常医療において受ける機会は、全く無いか極めて限定されているのが現状です。当科ではこれらの現状を踏まえ、多様化する遺伝カウンセリングへの対応、より高度な遺伝診療への対応などが可能な臨床遺伝スペシャリストの育成を行います。

遺伝カウンセリング学専攻(遺伝カウンセラーコース)

平成29年度より臨床遺伝学科では、認定遺伝カウンセラー養成コース(修士課程)設置し人材の育成を開始しています。
遺伝子解析技術の進歩に伴い多くの医学領域において遺伝学的な関与が明らかにされており、これまで関連性が少ないと思われていた疾患への遺伝学的解析が次々と行われるようになっています。本分野では多様化する遺伝カウンセリングへの対応、より高度で専門レベルでの遺伝診療への対応などが可能な臨床における遺伝スペシャリストとしての認定遺伝カウンセラーの養成を目的としています。人類遺伝学・臨床遺伝学・遺伝学的情報の取り扱い・チーム医療としての遺伝医療と遺伝カウンセラーの働き方・遺伝医療に関わる生命倫理・カウンセリング技術等について習得することができ、修士課程修了後に認定遺伝カウンセラーの受験資格を得ることができます。

入学実績

入学年度 入学者数 入学者背景
平成29年度 3名 助産師、獣医学、生命科学等
平成30年度 1名 創薬・バイオインフォ等

岩手手医科大学附属病院臨床遺伝科で行われている遺伝カウンセリングに、臨床実習中から実践的に関わりながら学ぶことができます。
実際の事例に対する準備、家系図聴取、カウンセリング後の検討などに教員の指導のもと取り組み、幅広い領域の豊富な臨床経験を積むことができる養成プログラムを提供しています。
リーフレット

大学院生募集

2019年度(平成31年度)入学試験日程

第一回入試
願書出願期間 2018年10月5日-11月5日
入学試験日 11月22日
合格発表 12月19日

第二回入試
願書出願期間 2019年1月24日-2月14日
入学試験日 2月22日
合格発表 3月6日

内容についてのお問い合わせ先 ✦ 出願前に必ずご連絡ください✦
岩手医科大学医学部臨床遺伝学科
HP: http://www.iwate-med.ac.jp/education/gakubu_in/med_gakka/iden/
連絡担当者 山本 佳世乃 (助教 認定遺伝カウンセラー)
E-mail: iwateiden@iwate-med.ac.jp
Tel: 019-651-5110 (内線 3258)

担当教員・スタッフ

  • 学医療の専門家である「臨床遺伝専門医・指導医」3名、「臨床遺伝専門医」3名、「認定遺伝カウンセラー」1名の他、以下のような各診療部門の専門家によって構成されております。産婦人科、小児科、耳鼻咽喉科、皮膚科、神経内科、形成外科、口腔外科、消化器外科、消化器内科、薬剤部
    遺伝科staff遺伝科staff-2

    岩手医科大学附属病院

    • 福島明宗(臨床遺伝専門医・指導医)
    • 德富智明(臨床遺伝専門医・指導医)
    • 三浦史晴(臨床遺伝専門医・指導医・産婦人科専門医)
    • 小林有美子(臨床遺伝専門医・耳鼻咽喉科専門医)
    • 山本佳世乃(認定遺伝カウンセラー)
    • 三上仁(臨床遺伝専門医、小児科専門医)
    • 金杉知宣(臨床遺伝専門医、産婦人科医 兼任)
    • 亀井淳(小児科医 兼任)
    • 米澤久司(神経内科医 兼任)
    • 本多孝之(形成外科医 兼任)
    • 飯島伸(口腔外科医 兼任)
    • 塩山亜紀(薬剤師 兼任)
    • 工藤小百合(専任看護師)
    医師氏名

    福島 明宗ふくしま あきむね

    • 教授
    • 診療科部長
    出身
    (大学・都道府県)
    岩手医科大学  北海道
    専門分野 臨床遺伝学、周産期医学
    その他
    加盟学会等
    • 日本人類遺伝学会(評議員、臨床遺伝専門医・指導医・
      指導責任医)
    • 日本遺伝カウンセリング学会(理事、評議員)
    • 日本先天異常学会(評議員)
    • NPO法人 遺伝カウンセリング・ジャパン(理事)
    • 日本周産期新生児医学会(評議員、周産期専門医・
      代表指導医)
    • 日本母性衛生学会(常務理事)
    • 日本産科婦人科学会(専門医・指導医)
    • 日本生体磁気学会(評議員)
    • 日本診療情報管理学会(理事・東北ブロック支部長)
    • 岩手県母性衛生学会(会長)
    • J-CIMELES ベーシックインストラクター
    • 新生児蘇生法専門コースインストラクター
    • 日本病院学会認定診療情報管理士
    • 日本医師会認定産業医
    • 母体保護法指定医
    学生へのコメント 医療における「遺伝」の役割はとても重要になってきております。
    したがってそのキーパーソンである「認定遺伝カウンセラー」の
    医療における役割はとても大きなものになってきております。
    自然豊かでかつ都市機能に優れた恵まれた、盛岡にて
    遺伝カウンセリングのスペシャリティーを目指してみませんか?
    医師氏名 德富 智明

    德富 智明とくとみ ともはる

    • 講師
    • 医局長
    出身
    (大学・都道府県)
    防衛医科大学校  東京都
    専門分野 臨床遺伝学、小児科学
    その他
    加盟学会等
    • 日本人類遺伝学会(臨床遺伝専門医・指導医)
    • 日本遺伝カウンセリング学会(幹事、評議員)
    • 日本小児科学会(小児科専門医・指導医)
    • 日本ミトコンドリア学会(評議員)
    • 米国臨床遺伝・ゲノム学会
    • 米国人類遺伝学会
    • 欧州人類遺伝学会
    • Global Alliance for Genomics and Health
    • 日本災害医学会(MCLS世話人)
    • 社会医学系専門医協会認定専門医・指導医
    • 日本DMAT(インストラクター)
    • 日本集団災害医学会(社会医学系専門医・指導医)
    • 日本環境感染学会(ICD)
    • 日本医師会(認定産業医、認定健康スポーツ医)
    学生へのコメント 小児領域を中心とした遺伝診療とともに、家族歴(家族の病歴)と
    リスクコミュニケーションの研究を行っています。
    遺伝の問題に悩むクライエントを援助し、その権利を守る認定遺伝
    カウンセラーは、質の高い遺伝医療に欠かすことができない存在です。
    最新のゲノム医学と人の心に関わるスペシャリストを目指してみませんか?
    医師氏名

    山本 佳世乃やまもと かよの

    • 助教
    • 外来医長
    出身
    (大学・都道府県)
    お茶の水女子大学大学院 東京都
    専門分野 遺伝カウンセリング学
    その他
    加盟学会等
    • 日本人類遺伝学会
    • 日本遺伝カウンセリング学会(評議員)
    • 認定遺伝カウンセラー(指導者)
    • 日本小児科学会
    • 日本家族性腫瘍学会
    学生へのコメント 豊富な臨床現場での経験や研究活動を通じて「認定遺伝カウンセラー」
    になるための素地を身につけることができます。
    皆と一緒に大いに学び、勉強もそれ以外も楽しんでいきましょう。
    新分野開拓の気概のある方、ぜひ今の機を逃さずご一報ください。
    お待ちしています。
    医師氏名 三浦 史晴

    三浦 史晴みうら ふみはる

    • 非常勤講師
    • 非常勤医師
    出身
    (大学・都道府県)
    岩手医科大学 山形県
    専門分野 婦人科腫瘍学、臨床遺伝学、漢方医療
    その他
    加盟学会等
    • 日本産科婦人科学会(専門医・指導医)
    • 日本婦人科腫瘍学会(婦人科腫瘍専門医・指導医)
    • 日本臨床細胞学会(細胞診専門医)
    • 日本癌治療学会
    • 日本緩和医療学会
    • 日本東洋医学会
    • 日本人類遺伝学会(臨床遺伝専門医・指導医)
    • 日本遺伝カウンセリング学会
    • 日本家族性腫瘍学会(家族性腫瘍カウンセラー)
    • 日本遺伝子診療学会
    • いわて遺伝診療研究会(世話人)
    • 日本がん治療認定医機構(がん治療認定医)
    学生へのコメント 「遺伝」は身近でありながら、ちょっととっつきにくい、でも必要な分野です。
    現在では多くの疾患が遺伝と関連していることがわかっています。
    私は「がん」と「遺伝」の交わりである「家族性腫瘍」をメインに扱っています。
    ご興味がある方はいつでもお待ちしております!
    医師氏名

    小林 有美子こばやし ゆみこ

    • 非常勤講師
    • 非常勤医師
    出身
    (大学・都道府県)
    岩手医科大学 秋田県
    専門分野 耳鼻咽喉科学(遺伝性難聴、小児難聴)
    その他
    加盟学会等
    • 日本遺伝カウンセリング学会
    • 日本人類遺伝学会
    • 日本耳鼻咽喉科学会
    • 日本聴覚医学会
    • 日本耳科学会
    • 小児耳鼻咽喉科学会
    • 耳鼻咽喉科臨床学会
    • 臨床遺伝専門医
    • 耳鼻咽喉科専門医
    • 補聴器認定医
    • 騒音性難聴担当医
    学生へのコメント 障がいを持つ人も持たない人も、皆が疾患を自分の問題として
    考える機会を持てるようになれば、と、いつも診療を通して感じています。
    そのためには遺伝の正しい知識が必要です。一緒に遺伝について学び、
    当事者のサポートや啓発活動をしませんか?
    私は聴覚障害児(者)の遺伝子診断が専門です。頻度の高い疾患ですので、
    ぜひ学んでいってください。

博士課程

遺伝関連の話題が日常生活内においても取り上げられ、医療分野においては各種遺伝子検査やそれに伴う個別化(オーダーメード)医療が標準的医療になりつつあります。一方で遺伝情報の解釈は未だ難解であり、さらにその結果が当事者本人のみならず、親兄弟、配偶者、子供にまで影響を及ぼす場合があり、これらを常に念頭に置いた医療を行っていく必要があります。当科ではこれらの状況に対応可能な遺伝医療マインドを身につけた臨床医および臨床研究者の育成を目指しております。

主な研究内容

  • 遺伝情報回付に関する研究(いわて東北メディカルメガバンク事業との共同研究)
  • 母体血を用いた非侵襲的遺伝学的検査(NIPT)に関する研究
  • 遺伝性難聴に関する各種遺伝子解析とそれに伴う遺伝カウンセリングの検討
  • 遠隔遺伝カウンセリングの有効性に関する研究
  • 家系図自動作成ソフトの開発研究
  • 家系図の自動作成に関する研究:家系図作成を補助するソフトウェアの開発とその検証
  • 出生前診断を経験したクライエントに対するin-depth インタビュー調査

臨床遺伝専門医を目指す方へ

臨床遺伝専門医とは:すべての診療科からのコンサルテーションに応じて適切な遺伝医療を実行するとともに各医療機関において発生することが予想される遺伝子に関係した問題の解決を担う、各診療科専門医の上位に位置する専門医資格です。各種医療の現場において今後ますます必要となる部門ではありますが、特に地方での人材は不足しております。岩手医科大学附属病院は認定研修施設であり、専門医資格取得に向けてサポートを行うことができます。当科では学位のみならず臨床遺伝専門医取得に関しても支援いたします。