研究
HOME > 研究 > 大学院紹介 > 医学研究科案内 > 講座・分野等紹介 > 臨床遺伝学科

臨床遺伝学科

学科紹介

次世代シークエンサーやDNAマイクロアレイなどの検査法普及により、がん、高血圧症、糖尿病などのCommon diseaseも含めた各種疾患への遺伝学的解析が次々と行われる様になってきております。しかしながらその一方で、これら遺伝情報の回付に関しては内容・方法等、今後検討していかねばならない事項が山積しております。また遺伝情報の回付の中心になる遺伝カウンセリングを日常医療において受ける機会は、全く無いか極めて限定されているのが現状です。当科ではこれらの現状を踏まえ、多様化する遺伝カウンセリングへの対応、より高度な遺伝診療への対応などが可能な臨床遺伝スペシャリストの育成を行います。

主な研究内容

  • 遺伝情報回付に関する研究(いわて東北メディカルメガバンク事業との共同研究)
  • 母体血を用いた非侵襲的遺伝学的検査(NIPT)に関する研究
  • 遺伝性難聴に関する各種遺伝子解析とそれに伴う遺伝カウンセリングの検討
  • 遠隔遺伝カウンセリングの有効性に関する研究
  • 家系図自動作成ソフトの開発研究

学生へのメッセージ

臨床遺伝専門医とは:すべての診療科からのコンサルテーションに応じて適切な遺伝医療を実行するとともに各医療機関において発生することが予想される遺伝子に関係した問題の解決を担う、各診療科専門医の上位に位置する専門医資格です。各種医療の現場において今後ますます必要となる部門ではありますが、特に地方での人材は不足しております。岩手医科大学附属病院は認定研修施設であり、専門医資格取得に向けてサポートを行うことができます。当科では学位のみならず臨床遺伝専門医取得に関しても支援いたします。

認定遺伝カウンセラーとは:専門の医師や看護師、臨床心理士はじめ医療スタッフの皆さんと協同して遺伝カウンセリングを行うことを主とする職種です。当科では、認定遺伝カウンセラー養成コース(修士課程)を設置しております。