研究
HOME > 研究 > 大学院紹介 > 医学研究科案内 > 講座・分野等紹介 > 内科学講座(心血管・腎・内分泌内科分野)

内科学講座(心血管・腎・内分泌内科分野)

講座・分野紹介

当科の診療守備範囲は、腎臓病と高血圧症の診断と治療です。具体的には慢性糸球体腎炎、急性糸球体腎炎、高血圧、慢性腎不全、急性腎不全、ネフローゼ症候群、膠原病、遺伝性腎疾患、水・電解質異常、尿細管間質性腎炎、血管炎、その他の全身疾患に伴う腎疾患、透析困難症や透析患者の合併症などです。
外来では、健康診断で尿異常(尿たんぱくや尿潜血)を指摘された方や、腎臓機能の異常を指摘された方、慢性糸球体腎炎やネフローゼ症候群と診断された方、むくみの相談にこられた方、などを対象に診療しています。特に尿異常や腎機能障害を指摘された方で、精密検査の必要がある場合には、腎生検を行ない、その結果を元に診断治療を行っています。
また、腎臓疾患ではその経過中にしばしば血圧の異常を伴いやすいこと、また逆に高血圧症ではその経過中にしばしば腎機能障害をきたすことから、”腎臓”と”高血圧”には強い関連があり、その両方をきちんと診療できるようにし、幅広い診療能力と研究マインドをもつ臨床医を育成することを目指します。また、研究を国際レベルで行ない、ハイレベルの国内外の学会や雑誌に発表し、研究の面白さが実感できるよう目指します。

主な研究内容

◇CKD(慢性腎臓病)の診断治療とその予防に関する臨床研究

◇アルブミン尿と心血管疾患の発症に関するコホ-ト研究

◇慢性腎炎症候群、ネフロ-ゼ症候群の臨床研究

◇高血圧の疫学や病態・治療に関わる臨床研究

◇二次性高血圧症の診断と治療

◇CKDと動脈硬化の関係に関する研究

◇慢性腎不全と内分泌異常の研究

◇大震災津波被害と腎疾患発症との関連

心腎内科1心腎内科2

学生へのメッセージ

  • 患者さんを診ながら研究します。臨床から得た疑問点を解決することも重要な研究テーマです。
  • 各種血液検査、尿検査、 腹部エコー、腎血管ドップラー、CT、MRI、腎シンチ、腎生検、二次性高血圧の診断法を勉強できます。
  • 日本内科学会、日本腎臓学会、日本循環器学会などの専門医がスタッフとして活躍しています。
  • 博士学位のみならず専門医も取得できるように医局で支援しています。