研究
HOME > 研究 > 大学院紹介 > 歯学研究科案内 > 講座・分野等紹介 > 口腔微生物学

口腔微生物学

学科目紹介

分子微生物学分野では齲蝕や歯周病をはじめ種々の口腔疾患について、原因細菌の性状および病原性、さらに発症機序を正しく理解することで、病因論に立脚した治療法・予防法を構築することを目標としています。

主な研究内容

  1. 口腔レンサ球菌による感染発癌機構
  2. 歯周病原性細菌のビルレンス因子と宿主免疫応答
  3. 口腔癌の進展・増悪における細胞接着因子の役割
  4. 齲蝕の細菌学的・免疫学的研究
  5. 歯周病原性細菌の全身疾患への関与
  6. 種々の口腔レンサ球菌のビルレンス因子に関する研究

上記テーマについて、細菌が産生する生理活性物質や酵素の精製、性状等を細菌学的および生化学的手法で、培養細胞への細菌由来ビルレンス因子の応答性を遺伝学的および免疫学的手法を用いて、また、細菌あるいは細胞における種々の遺伝子発現や遺伝子改変、細胞内シグナル伝達系の解析を分子生物学的手法により行っています。さらに、最先端の知識・技術を駆使して生命科学としての口腔微生物学・免疫学を構築するとともに、次代を担う学生を育んでいきたいと考えていいます。

学生へのメッセージ

口腔微生物学・免疫学の領域でも病因や発症機序が分からない疾患が未だ多く存在し、それらを解明して世界に発信すべく研究に取り組んでいます。今まで世界中の誰もが知らない新事実を一緒に見つけてみませんか!?