研究
HOME > 研究 > 大学院紹介 > 歯学研究科案内 > 講座・分野等紹介 > 口腔微生物学

口腔微生物学

学科目紹介

齲蝕や歯周病の原因細菌は健常者の口腔にも存在します。ではどうして齲蝕や歯周病に罹らず、健康を維持できるのでしょう?こういった疑問は原因細菌の特徴と病気の成り立ち(病因論)を正しく理解してはじめて解決します。分子微生物学分野では、齲蝕や歯周病をはじめとする口腔感染症の病因論を明らかにし、それに立脚した治療法・予防法を構築することを目標としています。

主な研究内容

  1. 歯周病原性細菌のビルレンス因子と宿主免疫応答に関する研究
  2. 歯周組織再生に関する研究
  3. 口腔病原性グラム陰性菌に関する研究
  4. 種々の口腔レンサ球菌のビルレンス因子に関する研究
  5. 口腔のブドウ球菌の産生するプロテアーゼに関する研究

上記の研究テーマについて、細菌学的手法、免疫学的手法、分子生物学的手法といった種々のアプローチ法を駆使しつつ、オリジナルであることにこだわった研究指導を行っています。

 

バイオフィルム形成時にみられる
グリコカリックス様構造(SEM像)

Porphyromonasgingivalis LPS刺激後の
B細胞活性化過程にみられる細胞内チロシン
リン酸化基質タンパク質(二次元電気泳動)

学生へのメッセージ

口腔微生物学・免疫学の領域でもまだわからないことが沢山あります。それらを明らかにして世界に発信するというのが研究で、論理的思考に基づくクリエイティブな作業です。たとえれば世界中の誰もが解けないパズルを解いてそれを世界中に伝えるようなもの。教科書に載るような新事実を見つけてみませんか!?