教育
HOME > 教育 > 学部紹介 > 薬学部案内

薬学部案内

あらたなる薬学を創造しよう。学際的に多彩な視点を身につけ、研究の価値は高まっていきます。新しい時代の薬剤師、そして研究者をめざしましょう。

 

入学と同時に、しっかりとした教養教育と幅広く高度な基礎科学の教育を行います。そして、病院、薬局、製薬企業、研究機関など幅広い薬学の領域で活躍することができるように、充実した専門教育を始めます。教員が切磋琢磨しながら研究し、学問の進展と興奮を学生に伝えます。教室で、研究室で、そして現場での実務教育を通し、問題を発見し、解決する能力を発掘し、伸ばしていきます。また、医学部・歯学部・附属病院との連携により、最先端の医療に触れながら学ぶことができます。真の医療人としての心構えと態度、高度な知識と技術を身につけた即戦力となる人材を育成します。

3学部共通の授業や課外活動を通して、学部を越えた人間関係が構築され、将来は医療チームの一員として生かせる協調性やバランス感覚が育まれるものと期待されます。

薬学部長 前田 正知
[分子生物薬学講座 教授]


教養教育とコミュニケーション能力の重視
生命の尊厳と医療倫理を学ぶため、教養教育を重視します。また、医療チームの一員として、十分なコミュニケーション能力を体得するよう、グループ学習や問題解決型学習を取り入れます。最新の情報科学を取り入れ、コンピューターによる情報処理能力を養成します。

基礎学力の確立と実験・実習の重視
高度な専門知識を習得するためには、基礎学力が必要です.高校で物理・生物・化学の理科3科目のいずれかを履修していない学生のための準備教育、生命科学における基礎知識を身つけるための基礎科目を設けます。また、学習内容の理解を深め、基礎技術を修得するため、実験と実習を重視します。

早期専門教育から医療薬学へ
基礎学力の確立と並行して、学問としての薬学を理解し、医療人としての心構えを身につけるため、早期体験学習や医療現場で働く専門家による授業を1年次から設定します。また、医学部・歯学部の教員による講義も開講されます。学年進行とともにレベルを上げ、最新の医療薬学と生命科学に対応した専門教育を行います。

最新の医療に接し、問題解決能力を体得する
附属病院・薬局における実務実習を通じて、最先端の医療に触れる機会を設け、即戦力となる医療人の育成を目指します。また、各講座に配属されて、マンツーマンの指導により薬学分野の最先端の課題研究と卒業実習を行うことによって、問題解決能力、そして問題を発見する能力を身につけます。

カリキュラム

歯学部歯学科の6年一貫教育

医療系総合大学の特色を生かしたバランスの良いカリキュラム編成

ひろく、深く、薬学の研究に専心できる環境が皆さんを迎えます。6年制の一貫課程で学ぶ意義は、高いレベルで薬学の深奥に迫れること。医師、歯科医師と同じく実務的な専門知識や技能を発揮できる薬剤師への第一歩は、高いモチベーションだと言えるでしょう。他の理系大学院の修士課程と同等もしくは、それ以上の実力を養うカリキュラムは、著しく進歩するライフサイエンスの潮流を捉えて編成されています。

薬学部薬学科の履修体系
薬学部薬学科の履修体系のグラフ

在校生メッセージ