最新ニュース
HOME > 最新ニュース > 研究 > 成人期10kg以上の体重増加が生活習慣病のリスクを高める可能性を明らかに -岩手県地域住民コホート3万2千人での検討-

成人期10kg以上の体重増加が生活習慣病のリスクを高める可能性を明らかに -岩手県地域住民コホート3万2千人での検討-

岩手医科大学いわて東北メディカル・メガバンク機構(機構長 佐々木 真理)と岩手医科大学 内科学講座糖尿病・代謝・内分泌内科分野の武部 典子 講師と石垣 泰 教授を中心とした研究チームは岩手医科大学いわて東北メディカル・メガバンク機構が実施した岩手県地域住民コホート調査のデータを用いて、20歳以降の成人期の10kg以上の体重増加と、それに関連する生活習慣および生活習慣病を解析し、成人期の体重増加を予防することの重要性を示しました。

本研究成果は、国際科学雑誌「Diabetes, Metabolic Syndrome and Obesity : Targets and therapy」に2021年5月20日付(オンライン公開)で掲載されました(https://www.dovepress.com/weight-gain-after-20-years-of-age-is-associated-with-unfavorable-lifes-peer-reviewed-fulltext-article-DMSO)。

プレスリリースはこちら

<問い合わせ先>
いわて東北メディカル・メガバンク機構
広報・企画部門長
遠藤 龍人(えんどう りゅうじん)
電話:019-651-5111(内線5509)
E-mail:megabank@j.iwate-med.ac.jp