最新ニュース
HOME > 最新ニュース > 研究 > いわて東北メディカル・メガバンク機構が提供した遺伝情報等を用いて 東京大学が日本人集団の2型糖尿病に関わる新たな遺伝子領域を発見しました

いわて東北メディカル・メガバンク機構が提供した遺伝情報等を用いて 東京大学が日本人集団の2型糖尿病に関わる新たな遺伝子領域を発見しました

東京大学の門脇孝特任教授らの研究グループは、本学いわて東北メディカル・メガバンク機構が提供した遺伝情報等を用いて、20万人規模の日本人集団の遺伝情報を用いたゲノムワイド関連解析を行い、糖尿病治療薬の標的分子であるGLP-1受容体のミスセンス変異など、2型糖尿病の危険性を高める遺伝的変異を新たに同定しました。また、2型糖尿病の遺伝において、日本人集団と欧米人集団に共通する、または相違がある分子生物学的パスウェイを明らかにしました。

これらの結果は2型糖尿病の遺伝要因の理解を深めるとともに、将来的には糖尿病の発症予測・発症前予防の応用につながることが期待されます。

本研究成果は、日本時間2019年2月5日午前1時に米国科学雑誌 Nature Genetics オンライン版に掲載されました。

リリース資料はこちら

<問い合わせ先>
いわて東北メディカル・メガバンク機構
広報・企画部門長
遠藤 龍人(えんどう りゅうじん)
電話:019-651-5110(内線5508/5509)
E-mail:megabank@j.iwate-med.ac.jp