教育
HOME > 教育 > 学部紹介 > 薬学部講座紹介 > 神経科学講座

神経科学講座

教授からのひとこと

駒野宏人 教授

駒野宏人 教授

21世紀は、「脳の世紀」と呼ばれ、これまで、未知領域であった「記憶」「意識」などの脳の働きの仕組みが、神経科学によって急速に解き明かされつつあります。神経科学は、生化学、生理学などから、行動科学にも及ぶ広い領域でありますが、本講座では、主に、脳 ・神経系の機能調節・脳疾患の病態発症機構に焦点をあて、生化学,細胞生物学、分子生物学の方法を駆使して解明していきたいと考えております。
この分野に興味がある方、研究そのものに興味ある方、是非、我々と一緒に学び、新しい発見の興奮を体験していきましょう。
我々,スタッフは、独創的な研究実践と、将来、薬学領域で充分活躍できる人材育成に、大いに励みたいと思っております。

講座の基本理念

日本は、今、超高齢化社会を迎えています。高齢化に伴い、アルツハイマー型認知症になる割合が急激に増加していますが、現在、その治療・予防法がない状況で、今後、ますます大きな社会問題となっていくと予想されています。アルツハイマー病は、老化が最も高い発症リスクとなっていますが、それ以外にも、中年期の高血圧、糖尿病、運動不足、社会活動の低下などが発症リスクとなっていることが明らかになっております。そこで、当講座では、主に高血圧とアルツハイマー病発症との関わりや健康脳を保つための脳内防御機構の解析を中心に研究をすすめております。  また、本講座では、将来、薬学領域で活躍できる人材育成を目指し、「(i)課題発見・問題解決能力を養い、実践力をもつ人材を育てる;(ii)人類の健康維持を目的とした、独創性のある研究を実践する薬学研究者としての感性、知識、技術を身につける;(iii)国際的に活躍できるような自由な表現力を身につける。」を実践する活気のある講座にしていきたいと思っております。

主な研究内容

  1. 高血圧によるAβ産生制御機構の解析
  2. 脳内にある貪食関連因子MEGF10の機能解析とアルツハイマー病予防との関連
  3. 社会活動とアルツハイマー病発症との関連を分子レベルで解析することを目的に、オキシトシンなどの共感ホルモンとアルツハイマー病病理との関連の解析