最新ニュース
HOME > 最新ニュース > 研究 > ヘリコバクター・ピロリによる予後の改善 ~進行胃癌に対する宿主免疫の応答~

ヘリコバクター・ピロリによる予後の改善 ~進行胃癌に対する宿主免疫の応答~

岩手医科大学医歯薬総合研究所医療開発部門の小泉優香大学院生と西塚哲特任教授らの研究グループは、北海道・東北の12施設から658症例について、米国ジョージメイソン大学などと共同で解析を行い、ヘリコバクター・ピロリによる感染により誘導される宿主免疫応答が予後の改善に関連していることを明らかにしました。

本研究成果は米国科学雑誌Journal of the National Cancer Instituteに日本時間2022年4月19日午前10時に掲載されました。

プレスリリースはこちら(日本語) 、 (English)

<問い合わせ先>
岩手医科大学医歯薬総合研究所 医療開発研究部門
特任教授 西塚 哲(にしづか さとし)
電話:019-651-5111(内線5685)
E-mail:snishizu@iwate-med.ac.jp