最新ニュース
HOME > 最新ニュース > 研究 > 健康寿命延伸に向けて東北メディカル・メガバンク計画のビッグデータを活用した共同研究を開始

健康寿命延伸に向けて東北メディカル・メガバンク計画のビッグデータを活用した共同研究を開始

株式会社KDDI総合研究所と学校法人岩手医科大学いわて東北メディカル・メガバンク機構は、健康寿命の延伸を目的にビッグデータを活用した共同研究を開始しました。

本共同研究において、日本医療研究開発機構の推進する研究開発補助事業である「東北メディカル・メガバンク計画」によるゲノムコホートで構築された次世代バイオバンクから得られる遺伝子の状態等の生体情報と、ウェアラブル端末等を用いた客観的な行動習慣に関するデータにAIを組み合わせた解析を行います。また、生活習慣によって変化する遺伝子の状態(エピゲノム)から健康の度合いを表す指標(生物学的年齢)を確立し、どのような行動が健康に影響しているかを明らかにすることで、健康寿命延伸および生活習慣病予防のための個人に最適な行動変容プログラムの確立を目指します。

<問い合わせ先>
いわて東北メディカル・メガバンク機構
広報・企画部門長
遠藤 龍人(えんどう りゅうじん)
電話:019-651-5110(内線5508/5509)
E-mail:megabank@j.iwate-med.ac.jp