最新ニュース
HOME > 最新ニュース > 研究 > 超高速インターネット衛星を使用した遠隔病理診断実験が行われました

超高速インターネット衛星を使用した遠隔病理診断実験が行われました

 平成22年6月28日(月)から6月30日(水)の3日間にわたり、本学病理学講座(先進機能病理学分野)澤井高志教授ら研究グループと宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、超高速インターネット衛星「きずな」(WINDS)を使用した遠隔病理診断の実利用化に向けた実証実験を行いました。
 本実験では、本学病理学講座研究室(岩手)と国際医療福祉大学三田病院(東京)、琉球大学(沖縄)の3地点を衛星で結び、専門医による遠隔病理診断が行われ、細胞組織や血液疾患の病理診断が充分に可能であることが実証されました。
 これにより、離島・山間部における医療レベルの格差解消やがん治療の均てん化の推進が期待され、今後は国際レベルでの医療支援や医学教育への応用も期待されます。本実験は、全国のメディアで報道され日本中の注目を集めるものとなりました。

 

※本実験の詳細はこちらから


衛星画像データの検証を行う澤井教授(写真手前)と黒瀬准教授(写真奥)

○本実験に係わる主な報道
<新聞記事>

岩手日報 朝刊(平成22年7月1日) 読売新聞 朝刊(平成22年7月1日)

<WEB配信記事>

日本経済新聞(平成22年7月2日)  毎日新聞(平成22年7月1日)

朝日新聞(平成22年7月2日)     河北新報(平成22年7月2日)

時事通信(平成22年7月2日)     共同通信(平成22年7月2日)

西日本新聞(平成22年7月2日)    山陽新聞(平成22年7月2日)

四国新聞(平成22年7月2日)     神戸新聞(平成22年7月2日)

新潟日報(平成22年7月2日)     東奥日報(平成22年7月2日)

日本海新聞(平成22年7月2日)    福井新聞(平成22年7月2日)

山梨日日新聞(平成22年7月2日)  北日本新聞(平成22年7月2日)

岐阜新聞(平成22年7月2日)     下野新聞(平成22年7月2日)

佐賀新聞(平成22年7月2日)     福島民報(平成22年7月2日)

京都新聞(平成22年7月2日)     徳島新聞(平成22年7月2日)

秋田魁新聞(平成22年7月2日)