最新ニュース
HOME > 最新ニュース > イベント > 体験学習イベント「ひらめき☆ときめきサイエンス~ようこそ大学の研究室~KAKENHI 『観て納得、聴いて納得、薬は楽しい~眼に見えないくすりの世界への招待状~』」開催

体験学習イベント「ひらめき☆ときめきサイエンス~ようこそ大学の研究室~KAKENHI 『観て納得、聴いて納得、薬は楽しい~眼に見えないくすりの世界への招待状~』」開催

7月27日(土)、7月28日(日)の両日、矢巾キャンパスにおいて、体験学習イベント「ひらめき☆ときめきサイエンス~ようこそ大学の研究室~KAKENHI 『観て納得、聴いて納得、薬は楽しい~眼に見えないくすりの世界への招待状~』」が開催され、岩手県内の小中学生及び高校生67名が参加しました。
このイベントは、日本学術振興会が実施している科学研究費助成事業(科研費)の研究成果を社会還元・普及するとともに、将来を担う児童・生徒の実験に対する興味を促進させ、将来の科学・薬学の発展に寄与することを目的として開催されました。
初日は、くすりの正しい服用方法を学ぶ「おくすり教室」が小学生を対象として実施され、二日目は、中学生を対象として人体の特徴や個人差を学ぶ「体の神秘-心筋細胞と神経細胞-」と「くすりの効き方が人によって違うのはなぜ?」また、高校生を対象として「リポソ-ムの調製と観察」が実施されました。
参加した児童・生徒は、実験の過程で変化していく様々な現象に眼を輝かせて観察するなど、薬の飲み方や薬に関する最先端の技術を楽しく学んでいる様子でした。