最新ニュース
HOME > 最新ニュース > おしらせ > 平成23年度岩手医科大学入学式を挙行しました

平成23年度岩手医科大学入学式を挙行しました

岩手医科大学の入学式が、4月28日(木)午前10時から岩手県民会館大ホールで行われました。今年度の入学生は、大学院医学研究科博士課程33名・修士課程6名、歯学研究科博士課程8名、医学部120名・3年次編入学6名、歯学部52名・2年次編入学11名、薬学部167名でした。
開式に先立って、東北地方太平洋沖地震の犠牲者へ黙祷が捧げられ、一日も早い被災地の復興を祈りました。
式では、入学生一人ひとりの名前が読み上げられ、小川学長が入学の許可を宣言しました。続いて、医学部の森口知憲さんと歯学部の柳澤基さん、薬学部の齋藤大誠さんが入学生を代表して宣誓を行いました。
小川学長は式辞の中で「被災された多くの方々や国民が望んでいるのは1日も早い医療人としての自立」と激励し、髙木義明文部科学大臣からは「震災直後から岩手県の地域医療を主導してきた岩手医科大学で学ぶことは非常に意義深く、誇りをもって勉学に励み、地域医療の向上を担う医療人となることを期待する」とのご祝辞を頂戴しました。