教育
HOME > 教育 > 学部紹介 > 医学部講座・学科紹介 > 内科学講座(呼吸器内科分野)

内科学講座 [呼吸器内科分野]

呼吸を司る気道・肺は、酸素を取り込み、二酸化炭素を排出するガス交換の場としての役割だけでなく、細菌・ウイルスなど微生物の侵入門戸としての気道・肺の役割はことさら重要です。外界からの刺激を直に受ける臓器で、様々な反応が起こります。アレルギーを含む過剰反応として喘息・過敏性肺臓炎があり、喫煙などの刺激によるCOPDをはじめとした肺障害、遺伝子の障害が蓄積されて起こる腫瘍病変など多彩な反応を起こす場として気道・肺があります。この気道・肺疾患の診療・研究には興味が尽きません。また、当教室では肺疾患にともなう精神的ストレスに対応するために心身症の分野にも対応してきた歴史があります。臓器特有の反応から個体全体の反応として心身症を捉えることが出来ます。当教室では、それぞれの領域別に分かれることなく多角的に問題に対処できる医師を育てることを目標としています。

講座・教室からひとこと

前門戸 任 教授

前門戸 任 教授

医療が高度化し専門性が高まっていく一方、患者は様々な問題を複合的に抱えており、専門家としての狭いアプローチでは解決出来ない問題も多くあります。当科では広い領域を担当することの利点を生かし、病棟では専門グループにとらわれずに様々な疾患を受け持ち、内科一般の素養を伸ばして行くことが出来ます。技術面では呼吸器内視鏡検査やエコーガイド下腫瘍生検など最新の技術を駆使して高いレベルで行っており、それぞれの技術を習得することが出来ます。この診断技術の進歩は、最新の肺がん治療を提供することにも結びついていきます。肺がん診療においては日本だけでなく世界に発信できる質の高いレベルを目指します。すべての分野での臨床・研究を含めた若い世代の活躍に期待しています。

講座・教室の基本理念

 患者を専門性から把握しようとするのではなく、それぞれのプロブレムを的確に捉え、病態生理に着目しながら総合的に診療していく。
 各領域の専門性を生かし高いレベルで臨床を行う。
 臨床、研究を含め施設外に積極的に発信をしていく。

主な研究内容および診療内容

1. 胸部病変の気管支鏡、経皮検査による安全で迅速な診断
2. 肺がんの診断と治療 化学療法、分子標的薬、免疫療法の適切な選択と治療
3. 肺炎および気道感染症の診断と治療
4. 気管支喘息とCOPDの診断と治療
5. 間質性肺炎の診断と治療