岩手医科大学教育研究寄付金

HOME > ご支援のお願い > 岩手医科大学教育研究寄付金

岩手医科大学教育研究寄付金

趣意書

岩手医科大学は、昭和3年岩手医学専門学校として設立され、「医学教育・歯学教育を通じて誠の人間を育成する」を建学の精神として今日まで、有為な医師・歯科医師を世に送り医学・歯学の発展と地域医療の向上に寄与してまいりました。
また、平成19年4月には薬学部を設置し、医学部・歯学部・薬学部の3学部による全国でも数少ない医療系総合大学となり、全学をあげて医学・医育・医療に取組んでおります。
さて、近年科学技術の驚異的な進歩と医療の高度化、複雑化、社会の急速な変化に伴い、求められている医療も多様化してきており、本学でも最新の教育・研究設備に加えて、先進医療機器の充実に意を尽くすとともに、医学・歯学・薬学の進歩に貢献できる人材の育成と研究の推進に日夜努力いたしております。
21世紀の社会が求める医育、医療に応えるために教育・研究施設のさらなる整備充実が必要となっており、また、教育病院及び特定機能病院として地域社会からの負託に応え得る教育機能と診療機能の改善が求められているところであります。
このように、最先端の研究、最新の教育を維持し、地域社会から期待される役割を果たすためには多額の資金が必要であり、本学でも資金確保に鋭意努力を重ねてまいりました。
しかし、学納金、国庫補助金、附属病院の医療収入などの収入だけで大学の財政を賄うのは極めて厳しいものがあり、関係各位の格段のご支援を仰がなければ目的を達成するのは困難であります。
日進月歩の医学の進歩に即応した最新の教育、研究及び医療環境を維持し、未来に向けてさらなる貢献と飛躍を目指して、全学を挙げて努力いたし、社会的使命を果たし得たいと念願しております。
このため、本学では会社等法人を対象とする受配者指定寄付金として、教育研究資金の募集を開始することに致しましたので、何卒これらの趣旨をご理解いただきまして、格別のご協力ご支援を賜りますようお願い申し上げる次第であります。

学校法人 岩手医科大学
理事長 小川 彰

 


募金目的

  • 岩手医科大学教育研究に要する経常的経費

募金目標額

  • 10億円

募金の種類

  • 会社法人を対象とした「受配者指定寄付金」
    ※この寄付金は、免税の対象になります。詳しくは免税措置のページをご覧ください。
  • 一口 1万円以上

募集期間

  • 平成16年9月1日から常時受け入れ出来ます。

申込方法

  • 所定の日本私立学校振興・共済事業団(以下「事業団」という。)宛寄付申込書に必要事項をご記入のうえ岩手医科大学宛にお送りください。

振込みの方法

  • お振込みは、本学指定の「学校法人岩手医科大学」の銀行口座へお願い致します。
    銀行口座は、募金要項へ記載されておりますのでご確認お願い致します。
    寄付者から振込まれた寄付金は、学校法人がまとめて事業団へ振込みます。
    この他、不明な点等ございましたら本学研究助成課までお問い合わせください。