教育
HOME > 教育 > 学部紹介 > 薬学部講座紹介 > 地域医療薬学講座

地域医療薬学講座

教授からのひとこと

薬剤師業務は大きく様変わりし、病院薬剤師は臨床業務として病棟での活動が主体となり、薬局薬剤師は処方箋調剤に止まらず、セルフメディケーションの推進と一般用医薬品の供給、そして在宅業務への取り組みが急務になっております。

当講座では、薬局や薬剤師または地域住民を対象としたアンケート調査の実施などを通じて、地域医療における薬剤師業務の問題点を明確にし、改善策を検討していきます。また、地域医療現場における複数の領域の専門職者(ケアマネージャーなど)と交流し、地域連携のあり方についても研究を行います。

さらに、諸外国の地域医療と薬剤師活動について文献による情報収集を行うなどグローバルな視点で研究に取り組んでいます。

講座の基本理念

病院においても、地域においてもチーム医療の必要性が認識され、多職種が連携して医療サービスや介護サービスを提供する時代となりました。当講座では、薬物治療に責任をもてる医療人としての薬剤師の育成と地域の「ヘルスケアアドバイザー」として活躍できる人材の育成を行っていきます。

主な研究内容

  1. 医薬品の適正使用や薬害教育の教育手法に関する研究
  2. 地域医療サービスに必要な薬学的業務の研究
  3. 医療の質と薬局・薬剤師の役割に関する研究
  4. 薬剤師卒後教育プログラムに関する研究
  5. 唾液アミラーゼ中のバイオマーカーを指標としたストレス評価に関する研究