教育
HOME > 教育 > 学部紹介 > 医学部講座・学科紹介 > 内科学講座(糖尿病・代謝内科分野)

内科学講座 [糖尿病・代謝内科分野]

日本では成人の約4人に1人が糖尿病または予備群で、特に岩手県の糖尿病患者の割合は、全国でも7番目に多いと報告されています。糖尿病・代謝内科分野は、増え続ける糖尿病や脂質代謝異常、肥満症の診療の充実と合併症の予防を目指しています。

講座・教室からひとこと

石垣 泰 教授

様々な臓器の異常から、全身の協調が崩れ糖尿病を発症します。つまり糖尿病の診療では血糖値のみならず、各臓器の病態生理を把握しておく必要があります。また糖尿病患者では、様々な生活や身体状況の変化が血糖の変動を引き起こすことを、常に考えねばなりません。そして、こうした血糖コントロールの不良が長期間持続した場合、全身の幅広い臓器に合併症を引き起こすため、糖尿病の診療では血糖値から全身状態を理解し、血糖値が高いゆえに全身を診療する必要があります。
一人の患者さんを長期間にわたって診療することが必要で、生活背景も含めた全人的な診療を展開できることも、糖尿病診療の大きな魅力です。
こうした糖尿病代謝領域における全身的・全人的な診療の面白さを、学生や若い医師らと共有していきたいと考えています。

講座・教室の基本理念

患者さんを独りにしない。治療がうまくいっていない状況でも、常に医療者がサポートしていることを伝え、治療を中断しないようガイドしなければなりません。
独りよがりにならない。先輩の知識や経験から学び、同僚と話し合うことで最善の診療を考えていきます。
独りで治療するのではない。糖尿病診療では多くの診療科との相談はもちろん、看護師をはじめ栄養士、薬剤師、臨床検査技師など多岐にわたる職種の方々と連携してチーム医療を実践します。

主な研究内容および診療内容

研究内容

  • 血糖変動と糖尿病合併症の関係
  • 血管内皮機能に及ぼす糖代謝異常の影響
  • 炎症性サイトカインの遺伝子多型と糖尿病の病態や合併症との関係
  • 糖代謝における甲状腺ホルモンの役割
  • 酸化ストレスと糖尿病合併症の進展
  • 糖化蛋白を指標にした糖尿病の病態評価
  • 新規動脈硬化診断法の臨床応用
  • 糖尿病患者の冠動脈石灰化と心血管疾患発症予後の関連
  • 長期データベースに基づいた合併症発症予測因子の検討
  • 1型糖尿病の病態

診療内容

  • 糖尿病
  • 脂質代謝異常
  • 肥満症
  • 糖尿病に伴う合併症管理
  • メタボリックシンドローム

講座ホームページへのリンク