教育
HOME > 教育 > 学部紹介 > 医学部講座・学科紹介 > 小児科学講座

小児科学講座

小児科学は新生児期から思春期までの呼吸器、循環器、血液・腫瘍、消化器、神経・精神、腎、内分泌・代謝、免疫・アレルギーなどの病気と、救急医学、保健の幅広い分野を対象とします。医学の進歩ならびに社会のニーズに対応できる医師の養成と医療の提供、ならびに医学への貢献が本講座の目標です。

講座・教室からひとこと

小山耕太郎 教授

本学小児科の診療体制は、外来部門と入院部門からなっています。外来部門では医学部付属病院小児科の一般外来と領域別専門外来、循環器医療センターの循環器小児科外来、高度救命救急センターの小児救急外来を担当し、入院部門には総合周産期母子医療センター新生児集中治療室、循環器医療センター小児病室、小児病棟、小児無菌室があって、それぞれに専門医が常勤しています。このため、小児の高度専門医療を提供できる体制が備わっています。その結果、小児科では県内外から要請を受けたあらゆる領域の高度専門医療に対応しています。

講座・教室の基本理念

小児科学は成長と発達の過程にある新生児から思春期までの小児を扱う医学です。したがって、年齢によって病気の種類や保健上の問題は異なっており、その治療・対処法も一律ではありません。このため、小児の各発達段階の特徴を十分に理解し、かつ一般総合医学をベースにした広範囲な医学知識が求められます。また、適切な表現ができない乳幼児も扱うため、的確な診断技能と治療手技を備え、さらに、保護者と良好な信頼関係を築く姿勢や態度を修得することが要求されます。その上で、小児の心や環境にも配慮する必要があります。本講座では以上の知識・技能・態度を兼ね備えた小児科医の養成を基本理念としています。

主な研究内容および診療内容

  1. 新生児医学
  2. 小児循環器病学
  3. 小児血液病・腫瘍学
  4. 小児消化器病学
  5. 小児神経病学
  6. 小児腎臓病学
  7. 小児内分泌・代謝病学
  8. 小児アレルギー病学
  9. 小児救急医学

小児科学講座ホームページへのリンク