教育
HOME > 教育 > 学部紹介 > 医学部講座・学科紹介 > 生理学講座(統合生理学分野)

生理学講座 [統合生理学分野]

医科生理学としての人体機能全般について学習します。講義は医学用語を習得しつつ、スライド、プリントを用いて生体のメカニズムについて解説していきます。実習では各自の血液成分の解析、スパイロメーターを用いた呼吸機能、心電図などによる循環動態、膵内分泌機能、腎臓機能について調べるとともに、動物を用いた興奮性組織の機能について調べ、各項目について検討会を行いながら生理学の理解を深めます。

講座・教室からひとこと

医学における生理学では正常な生体機能を理解するとともに、種々の病態に対しても「何故そうなるのか?」という考える姿勢が大切です。当講座では、生体の正常メカニズムを礎に、その異常に関するまでの教育や研究を行っています。とくに研究面では、生きた組織や細胞を様々な手法で観察することにより、実際の生体反応の機構や、その異常による病態の機序について検討しています。具体的には、主にラットや培養細胞を用いて、上皮組織のイオン輸送や興奮組織のイオンチャネルの分子制御機構に関して研究を行っており、すでに多くの成果をあげています。とくに腎尿細管のカリウムチャネルに関する研究では日本生理学会の細胞・分子生理部門優秀論文賞を受賞しています。医学研究といえば、疾患の病因解明や治療などの臨床研究が主体ですが、その多くは基礎医学研究を源としています。広大な未開分野を含む基礎医学に熱意を持つ研究者が集う教室を目指しています。

講座・教室の基本理念

生理学は生命現象のメカニズムについて研究する学問であり、科学的手法を用いて機能面を重視します。その学習のためには基礎的知識や技術を生かして、生命現象に内在する法則性を見いだすことで、さらに総合的な生命現象を論じることが大切です。当講座では、まず体液の組成ならびに細胞の一般的機能を学び、次に各論的に神経、筋、血液、循環、呼吸、消化器、内分泌、腎・体液調節、環境生理へと理解を深め、さらに種々の病態を理解するための応用力を養います。

主な研究内容および診療内容

  1. ラット脳スライス標本を用いた局所神経回路に関する研究
  2. 腎・体液調節における尿細管機能のシグナル伝達機構に関する研究
  3. イオンチャネルの発現と活性調節に関する分子制御機構の解明
  4. 蛍光イメージング法による細胞内イオンや生理活性物質の解析
  5. 種々の外部環境変化に対する細胞応答のメカニズムに関する研究