教育
HOME > 教育 > 学部紹介 > 医学部講座・学科紹介 > 産婦人科学講座

産婦人科学講座

女性の一生を通じた医療を総合的に学ぶことができます。1)婦人科腫瘍学:最先端の癌治療。2)不妊・生殖内分泌:骨粗鬆症、高度不妊治療。3)周産期医学:正常・異常妊娠を学び、母児集中管理センター(MFICU)では産科救急に対応します。

講座・教室からひとこと

杉山 徹 主任教授

杉山 徹 主任教授

菊池昭彦 教授

菊池昭彦 教授

板持広明 教授

板持広明 教授

熊谷 仁 特任教授

熊谷 仁 特任教授

臨床医に求められる優しさとは何か?患者とともに悩み、国内外で常に先端医療を学び、問題を解決できる医師が必要であり、将来像でもある。それがほんとうの優しさだろう。人間として、医療担当者として、そして科学者としての教育を目指している。産婦人科医療は、女性の一生を通じた健康管理である。胎児から新生児、思春期、成熟期、更年期、老年期の女性の健康を管理する。そのため、幅広い分野を有し、小児科・内科・外科との共同での診療が必要になる。大きく分けると、1)周産期医療:センター機能の中で産科医、小児科医、麻酔科医を中心としたチーム医療が必要になる。2)婦人科腫瘍:女性としての機能に配慮した高度な判断・技術を習得し、世界と連動した最先端治療を実践。3)不妊治療:増加する不妊患者への高度生殖医療技術を駆使。4)感染症:性感染症の増加。5)更年期医療:骨粗鬆症など。このように産婦人科医療は新しく脱皮しつつあり、産婦人科医療一般が習得できれば、自分の専門分野へ進み、多くの悩める患者さんへ最高の医療が提供できる。

講座・教室の基本理念

主な研究内容および診療内容

<婦人科>

  1. 卵巣がんを主とした婦人科がん治療の基礎的・臨床的検討
    -薬剤耐性機序の解明(細胞周期・遺伝子)
    -明細胞がんの分子生物学的検討
    -浸潤・転移抑制の分子生物学的検討
    -新たな免疫療法の検討
  2. 子宮内膜症・筋腫への新しい治療法確立の検討:腹腔鏡を駆使した検討

<周産期>

1.4D超音波法による胎児表情発達の解析
2.Velocity Vector Imagingによる胎児心機能評価
3.胎児脳のMRIと超音波画像を用いた再構築画像解析
4.常位胎盤早期剥離と妊娠高血圧症候群におけるVEGF-A165b胎盤発現とターゲットRNA解析による検討
5.超高磁場7テスラMRIを機軸とした生体機能・動態イメージングの学際的研究拠点」プロジェクト(cMRIプロジェクト)
(1)胎児錐体路拡散テンソル画像の解析による先天性脳形成障害の解明・診断への応用
(2)産後うつ病早期発見のためのエジンバラ式自己質問表のスコアーと先進機能イメージングとの関連性

<生殖>

1.体外受精や内視鏡手術を含む総合的な不妊治療
2.着床不全の病態と治療法の検討
―子宮内膜ポリープなどの子宮内環境の検討
―着床に関連する内分泌因子の分子生物学的検討
3.造精障害の原因検索
―脊髄損傷後の造精障害の原因解明

<その他>

臨床遺伝学に関して福島明宗特任教授を中心として診療開始