教育
HOME > 教育 > 学部紹介 > 医学部講座・学科紹介 > 臨床腫瘍学講座

臨床腫瘍学講座

 

講座・教室からひとこと

伊藤薫樹 教授

伊藤薫樹 教授

本講座は2017年4月に新設されました。がん医療の進歩は目覚ましく、新たな治療薬や治療法が次々と登場しています。最大限の効果を得るためには、最新のエビデンスに基づき個々に最適な治療法を選択し、チーム医療による安全かつ確実な薬物療法を実施することが必要不可欠です。
当科では、悪性リンパ腫・多発性骨髄腫などの血液悪性疾患や、原発不明がん・甲状腺がんなどの頭頸部腫瘍・軟部腫瘍・消化器がんなどの固形腫瘍に対し、薬物療法を中心とした治療を行っています。チーム医療や多職種が参加するキャンサーボードミーティングを通じて安全かつ確実な薬物療法を実施しています。当院は日本臨床腫瘍学会の認定研修施設であり、がん薬物療法専門医の育成を行っています。

主な研究内容および診療内容

基礎研究では、おもに成人T細胞性白血病リンパ腫や多発性骨髄腫に対する新規化合物の活性や作用機序の解明に関する研究を行っています。また、臨床研究では、HTLV-1キャリアのコホート研究や多発性骨髄腫・甲状腺がんの新規薬剤治療に関する研究を多施設共同で行っています。診療は、外来化学療法を中心に、抗がん薬・分子標的薬・免疫チェックポイント阻害薬による最新の標準治療を提供しています。