教育
HOME > 教育 > 学部紹介 > 医学部講座・学科紹介 > 内科学講座(腎・高血圧内科分野)

内科学講座 [腎・高血圧内科分野]

 

講座・教室からひとこと

岩手医科大学内科学講座腎・高血圧内科分野は、腎炎、腎不全、ネフローゼ症候群などの腎臓一般と高血圧(二次性高血圧を含む)の診療、研究を行っています。病理学講座と血液浄化療法部と連携して、診断と治療の向上に努めております。また、盛岡市内や岩手県内のみならず八戸市内などの隣県に関連病院があり、診療連携を密にしております。専門領域をきちんと持った上で、広い視野で内科診療を行える医師の養成を目指しています。さらに、研修医や内科専攻医に対する臨床医学教育に加え、臨床研究を積極的に展開してまいります。このような多様な医療環境で勉強できる事は若き医員にとって貴重な経験となります。

講座・教室の基本理念

社会のニーズに忠実で、医学医療を私ごとにすることなく、基本を大事にし、よく学び、強く、明るく、自立心に富み、かつチームプレイで困難に立ち向かう、そういうことへの士気の高さをモットーにしています。

主な研究内容および診療内容

• 腎炎・ネフローゼ症候群の臨床的研究
• 生活習慣病と慢性腎臓病 (CKD) に関する疫学的研究
• 高血圧における大血管障害発症の高危険群の特定に関する疫学的研究
• 心腎連関症候群の病態に関する研究
• 内分泌性高血圧の臨床的研究

などが挙げられます。本講座は、本学や市町村、医師会などで運営されている岩手県北地域コホート研究をはじめとした複数の大規模疫学研究に携わっております。これらの研究を通して、日常診療上遭遇する疾病や臨床検査異常が実際にどのようなアウトカムに至るのかを明らかにすることが可能となります。また、研究によって得た知見を公の場でディスカッションすることで、自身の理解を深めることが可能となり、学究へのモチベーションを高めることにつながります。よって、毎年国内外のメジャーな学会での発表を積極的に行っております。さらに、学位論文の作成を通じて、臨床に必要な理論的思考を扶養することを大事に考えております。また、研究と並行して専門医資格の取得を積極的に支援する体制を取っております。