教育
HOME > 教育 > 学部紹介 > 医学部講座・学科紹介 > 救急医学講座

救急・災害・総合医学講座[救急医学分野]

あらゆる救急疾患に対応できる能力を身につけることを学ぶ新しい分野です。臨床実習を通して救急患者さんに対する接し方、そして診断学、治療学を広く学べるように指導しています。

講座・教室からひとこと

講座・教室の基本理念一般に臨床能力とは、知識、技能、態度、情報収集能力、総合的判断能力の5つの要素から構成されるといわれております。 大学全体で年間約40,000人の救急患者の初療からさらに高度な医療まで一貫して行っていますが、岩手医科大学はその過程を通じて高い臨床能力を身につけることが可能な全国でも数少ない施設の一つです。「いつでも、どこでも、だれでも、良い医療を」といわれ、国民の医療に対するニーズは高まっておりますが、これは救急医療の現場では特に強く求められておりますが、その期待に応えられるよう努めたいと思っております。

救急医学は医学の原点であり、救急診療は医療の原点であると言われております。救急医学教育は医師としてのあるべき姿が教育できる、総合的な医学教育ができる、各種の救急疾患に対応できる診療技術が教育できると言われております。24時間体制の救急医療の中で、卒前、卒後教育を通して基本的な救急患者の選別、適切な初期治療を行える技量を教育するよう努めてまいります。

主な研究内容および診療内容

・生体侵襲時のサイトカインの解析

・多臓器不全症候群の病態生理の解析

・教育シミュレーション研究

・エンドトキシン血症の診断法の開発

・真菌血症の診断法の開発

・敗血症の迅速診断法の開発(国際特許2件、国内特許4件)

 


救急・災害医学講座ホームページへのリンク