教育
HOME > 教育 > 学部紹介 > 医学部講座・学科紹介 > 形成外科学講座

形成外科学講座

主に身体外表の修復・再建を目的とする専門分野です。基本となる諸種の皮膚形成術、各種組織移植術などを理解し、さまざまな先天異常、腫瘍・母斑、外傷、 熱傷などの診断と実際の治療法を学びます。

講座・教室からひとこと

櫻庭 実 教授

櫻庭 実 教授

形成外科学は、外傷、腫瘍、先天異常など様々な要因で生じた組織欠損や変形、機能障害を、機能的かつ形態的に修復することで患者さんのQOL向上を目指す外科学の一分野です。その対象領域は初期臨床研修医がしばしば遭遇する四肢、顔面の軽微な外傷や小腫瘍から、Microsurgeryを用いた組織移植による再建外科や頭蓋顎顔面の骨切りを伴うCraniofacial Surgeryといった難易度の高いものまで幅広く扱うことが特徴です。
岩手医大形成外科では、全身の機能と形態の問題を幅広く治療し、より良いQOLが得られるよう診療にあたっています。具体的には軽度の外傷による傷跡の修正や黒子などの切除、美容のための小手術、顔面・手足などの外傷、マイクロサージャリーによる再建手術、頭蓋・顎顔面部のクラニおフェイシャルサージャリー、胸・腹壁、手足などの先天異常手術など、小さい手術から高難度な手術まで様々な問題に取り組んでいます。治療法も定型的なものから個々の患者さんの状態に合わせたものまで、様々な手術法を提供しています。患者さんの状態に最適で優しく、高度の医療提供をモットーに診療・研究に取り組んでいます。

講座・教室の基本理念

形成外科学(Plastic, Reconstructive and Aesthetic surgery)は、外傷、腫瘍、先天異常など様々な要因で生じた組織欠損や変形、機能障害を、機能的かつ形態的に修復することで患者さんのQOL向上を目指します。

主な研究内容および診療内容

<診療>

  1. 熱傷
  2. 顔面外傷(顔面骨骨折や皮膚・軟部組織・神経などの損傷)
  3. 手足の外傷(皮膚・軟部組織損傷・欠損、腱・神経・血管などの損傷、切断指再接着)
  4. 唇裂・口蓋裂に代表される頭蓋顔面の先天異常(小耳症などの耳介変形、眼瞼下垂、頭蓋縫合早期癒合症などの頭蓋変形 など)
  5. 手足の先天異常(多指症,合指症など)
  6. 体幹その他の先天異常(漏斗胸、突出臍、外陰部の異常など)
  7. 母斑・血管腫・良性腫瘍
  8. 悪性腫瘍ならびにそれに関する再建
  9. 瘢痕・瘢痕拘縮・ケロイド
  10. 褥瘡・難治性潰瘍(放射線潰瘍、骨髄炎後の潰瘍など)
  11. 美容外科

<研究>

  1. 顎裂骨移植後のデンタスキャンによる移植骨の評価
  2. マイクロサージャリーにおける皮弁血流の評価
  3. 新しい皮弁による再建術式の開発
  4. 頭蓋骨延長の形態変化
  5. 不良移植床における骨延長の可能性
  6. 難治性潰瘍に対する持続陰圧閉鎖療法
  7. 創傷治癒課程における停止機序の解明
  8. 顔面表情筋にかかわる解剖学的検討
  9. ケロイドの発生に関する分子生物学的検討