教育
HOME > 教育 > 学部紹介 > 医学部講座・学科紹介 > 解剖学講座(人体発生学分野)

解剖学講座 [人体発生学分野]

解剖学は生体の構成単位である器官、組織、細胞のかたち(構造)と機能を結びつける学問分野です。解剖学講座(人体発生学分野)では組織形成と再生のメカニズムを研究しています。教育では、肉眼解剖学を担当しています。解剖実習を通じて、人体の正常構造とその機能を学びます。

講座・教室からひとこと

人見次郎 教授

人見次郎 教授

人体の器官を構成する細胞がどのようにリニューアルされ、器官の構造と機能を維持しているのかについて興味があります。教室では現在、肉眼解剖学の知識をバックグランドに、各種のバイオ・イメージングの手法と分子生物学的手法を用いて、胎生期の血管網形成過程を明らかにするとともに、血管網を形成する主要な因子の同定を試みています。また、組織・器官再生(とくに上皮と末梢神経組織)と血管網の構築との連関についても研究を進めています。教育では学習目標の明確化を図る一方で、学生に何かしらの夢を提示できればと思っています。

講座・教室の基本理念

教育
解剖学実習を通じて、人間の尊厳について考察し、医師として必要な科学的な観察力と考察力をもった学生を育てる。
研究
独創性を第一とし、生命現象のダイナミクスを形態学的手法により明らかにする。また、研究結果の臨床医学への応用を目指す。

主な研究内容および診療内容

  1. 上皮幹細胞の同定と機能解析・医療応用(人見)
  2. 上皮組織の再生機構の解析(人見)
  3. 血管発生と血管網形成過程の形態学的解析(磯貝・堀口-泉山・大野・人見)
  4. 神経叢形成過程の形態学的解析(相澤・燕)
  5. 末梢神経系および血管系の比較解剖学(相澤・磯貝)