教育
HOME > 教育 > 学部紹介 > 医学部講座・学科紹介 > 内科学講座(循環器内科分野)

内科学講座 [循環器内科分野]

内科学講座(循環器内科分野)は、最近の循環器診療の形態変化にあわせ、循環器内科の中でも急性期疾患、侵襲的治療、集中治療、最新の循環器画像診断学などに特化した新設講座です。旧第2内科から派生した講座で、同じ母体の心血管・腎・内分泌内科分野(中村元行教授)と完全なる協力体制で循環器内科診療を担当しております。循環器医療センターを活動のフィールドとし、アクティブに診療を展開しております。また、将来開業を目指す先生の教育を考慮した、総合循環器内科も整備して参ります。国内外の施設との積極的交流関係や人脈の広さも我々の強みです。

講座・教室からひとこと

森野禎浩 教授

森野禎浩 教授

虚血性心疾患、心不全、弁膜症、心筋症、感染性心内膜炎などの多岐にわたる循環器診療を担当致します。不整脈疾患や血管疾患は心血管・腎・内分泌内科分野が担当しますが、垣根なく協力診療をしております。従いまして、初期の研修期間はすべての分野を網羅できるよう、診療科をまたいで勉強していただこうと思います。人材教育、各人のキャリアを意識した教育プログラムを準備します。関連病院も岩手県内、隣県に多数もち、臨床経験も豊富に積むことができますし、明確な目標のある方には海外留学を積極的に奨励して参ります。家庭の事情などで仕事の継続が困難になる時期は誰にもつきものですが、そうした事情に最大限配慮し、各人にあったフレキシブルな教室運営をしていくことが医局設立時の共通のルールとしています。せっかく積んだ医師のキャリアを簡単に途切れさせないように、せっかく一緒に勉強を始めた仲間が長く働ける様な環境を整備することが、新設医局の責務と考えております。

講座・教室の基本理念

  1. 常に最新の医療を患者さんに提供すること。
  2. そのための継続努力を怠らないこと。
  3. 正確さとスピード感を大切にすること。
  4. 診療の最後の砦である自覚を失わないこと。
  5. 優しい医療を提供すること。
  6. 医療を越えた全人的な人格形成をめざすこと
  7. 各医局員は自分の家族を大切にすること。
  8. 医療以外のことにも広く興味をもつこと。

主な研究内容および診療内容

  •  冠動脈硬化症の病態生理から侵襲的治療(血管内超音波、光干渉断層法、CT、MRIなどの画像診断を用いた研究は国内有数のレベルを有します)
  • 心臓弁膜症などのストラクチャー心疾患の治療及び臨床研究
  • 高血圧の侵襲的治療と臨床研究
  • 心不全の全身管理
  • 診断が困難なあらゆる循環器疾患の診断学(総合循環器内科診療部)

 

教室員全員に循環器専門医を取得いただくともに、サブスペシャリティー分野の専門医取得を奨励していきます。当科の特徴として、多くの最新治療の臨床治験も経験できると思います。これら詳細にご興味ある方は講座のホームページ(下記リンク)にアクセスください。