教育
HOME > 教育 > 学部紹介 > 医学部講座・学科紹介 > 耳鼻咽喉科学講座

耳鼻咽喉科学講座

臨床医学全般の中における耳鼻咽喉科・頭頸部外科学の位置付けと他科との関連性を解説しながら、耳鼻咽喉科・頭頸部外科学全般および関連領域の基礎知識と実技を学んでいきます。また、授業を通して医学研究者、医学教育者、臨床医となるための将来への基盤を形成していきます。

講座・教室からひとこと

佐藤宏昭 教授

志賀清人教授

志賀清人教授

耳鼻咽喉科では聞く、話すという日常生活のコミュニケーションには欠かせない聴覚、音声言語機能を扱っており、これらの機能障害をきたす疾患に対して内科的、外科的、リハビリテーション的医療など多様な治療を行っています。さらに嗅覚、味覚、平衡覚など様々な感覚器も診療対象としており、頭頸部悪性腫瘍 (喉頭癌、舌癌、咽頭癌、上顎癌、唾液腺癌、甲状腺癌)の外科治療を行う頭頸部外科も臨床の大きな柱になります。当講座では聴覚医学の研究と 中耳疾患、頭頸部腫瘍の外科治療を主とした臨床を行っていますが、幅広い耳鼻咽喉科疾患に対応できる臨床医の育成に力を入れています。

講座・教室の基本理念

耳鼻咽喉科・頭頸部外科は聴覚、平衡覚、嗅覚、味覚など人間のもつ基本的な感覚の中でも極めて重要な分野を受けもち、また同時に音声・言語機能、気道、嚥下機能などの広範囲な領域を含む学問であります。このような領域の機能障害の原因を追求するとともに、診断、予防、治療に貢献する研究を行うことを教室の基本理念としております。

主な研究内容および診療内容

耳鼻咽喉科領域のうち診療においては全分野にわたります。研究については聴覚生理(難聴・耳鳴・補聴器・聴覚スクリーニング等)に重点をおき、小児難聴や難聴遺伝子、中耳病態生理など、臨床と密接に結びついた研究を行なっています。
頭頸部外科では咽頭癌、喉頭癌、口腔癌をはじめ鼻副鼻腔癌、唾液腺癌、聴器癌、頸部の悪性腫瘍全般にわたる臨床を基礎に、種々の基礎的研究を展開しています。

  1. 臨床聴覚:難聴の診断および治療、耳鳴の治療については岩手県のみではなく、秋田県、青森県の一部を含めて、各関連病院と連携をとりながら診療を 行っています。なかでも高度感音難聴の患者様につきましては、人工内耳の適応を定めたうえで、手術を勧めており、最近では小児例を数多く手掛けるまでに至 りました。人工内耳の術後のリハビリは当院および盛岡市立病院で、より早く社会復帰に近付けるように努力し、アフターケア等も 欠かさず行っています。研究面では、最近では耳音響放射、補聴器の適性検査、音響分析を含めた補聴器の特性、突発性難聴の予後因子の検討、高度難聴者の質的診断として聴性定常反応、小児難聴の遺伝子検査(先進医療)など多岐に渡っております。
  2. 中耳病態生理:慢性中耳炎、真珠腫性中耳炎、耳硬化症、中耳奇形、外傷性耳小骨離断など中耳疾患の診断と治療について画像診断を交えて研究しております。放射線科との協力のもとにCT画像を様々な角度から再構築し、立体ヴァーチャル画像を新たに作成した上で手術に望み、術中所見との対比、術後成績 を左右する因子などについて研究しています。
  3. 感音難聴の診断と治療:とくに突発性難聴や急性低音障害型感音難聴の病因、病態、治療について研究を行っています。最近では放射線科と共同で超高磁場MRI(3テスラおよび7テスラMRI)を用いて蝸牛の微細構造の画像表現化をめざして研究しています。
  4. 鼻科咽頭領域:鼻内視鏡導入に伴い、副鼻腔炎の治療はすべて内視鏡下にて行うようになりました。放射線科とタイアップして、ヴァーチャル内視鏡画像をCTにて構築した上で、常に安全にまた適切に手術が行われるよう万全の対策を図るよう努力しております。また最近では睡眠時無呼吸症候群の外科的治療も行うようになっております。
  5. 頭頸部腫瘍の治療:進行例では形成外科と連携をとりながら、術後の機能再建、機能温存を十分に検討した上で再建術を含めた根治手術を行っております。また、咽頭癌を中心に化学放射線治療の有効性が示されており、放射線治療科と連携し多剤併用化学療法を組み合わせた同時併用化学放射線治療を行っています。症例に応じて放射線診断科と連携して、超選択的動注化学療法を併用した放射線治療も行っています。早期の喉頭癌・下咽頭癌症例で音声機能の保存が可能な例には喉頭部分切除、下咽頭部分切除術など術後のQOLを考慮した術式を選択しています。術後の嚥下訓練、発声練習を言語療法士および看護チームと密接に相談しながら、より良い社会復帰に向けて努力するよう指導しております。
  6. 頭頸部腫瘍の基礎的研究:細菌ベクターを用いた頭頸部悪性腫瘍の遺伝子治療についての基礎的研究を推進しています。また、ナノバブルと超音波を用いたdrug delivery systemを開発中です。HPVと頭頸部癌の関連について多施設共同研究を行っています。頭頸部を含めた上気道におけるアルコール発癌についての研究を行っています。