教育
HOME > 教育 > 学部紹介 > 医学部講座・学科紹介 > 放射線医学講座

放射線医学講座

放射線医学は画像診断(X線、核医学、超音波、磁気共鳴画像など)と放射線腫瘍学および放射線診断的手法を用いた介入治療が主軸となっています。本講座ではこれらに必要な基礎的学力を養成し、画像診断やがんの集学的治療の実際を症例を通して教育しています。

講座・教室からひとこと

江原 茂 教授

江原 茂 教授

岩手医科大学放射線科では、画像診断、核医学、放射線腫瘍学の領域にわたって、質の高い医療を目指しています。また、放射線科医の育成にあたっては、国際的に通用するレベルを基準においています。
 今年度新たにPET及び放射線治療施設が開院予定です。

講座・教室の基本理念

放射線科は、疾患、臓器にかかわらず、画像診断学、核医学、放射線腫瘍学など広い領域をカバーする学問です。
 当講座では、各種画像 診断、核医学、放射線腫瘍学および放射線障害予防の4分野について、一般医として必要とする基本的事項を正しく理解することを教育理念として掲げています。

主な研究内容および診療内容

  1. 骨関節の画像診断
  2. MRIによる顎関節の病態解析
  3. MRI、CTによる心大血管系疾患に関する研究
  4. MRI撮影法に関する基礎的、臨床的研究
  5. 頭頚部悪性腫瘍に対する超選択的動注化学療法の臨床的研究
  6. 転移性肝腫瘍に対するリザーバー動注療法、その他のIVR
  7. PIXEを利用した放射線治療過程における腫瘍内微量元素の変化に関する研究