教育
HOME > 教育 > 学部紹介 > 医学部講座・学科紹介 > 泌尿器科学講座

泌尿器科学講座

泌尿器科学に関する知識を身につけ、診断、検査、治療法等を修得します。また、泌尿器科学に関する研究、教育について学びます。

講座・教室からひとこと

小原 航 教授

泌尿器科は副腎・腎臓・尿管・膀胱・尿道や男性生殖器に関連する疾患の診療を行っています。特に悪性腫瘍、排尿障害、尿路結石症や尿路感染症、小児や女性泌尿器疾患、さらに慢性腎臓病から腎移植までを含めた包括的腎疾患治療および血液浄化療法などに積極的に取り組んでいます。特にロボット支援手術は豊富な症例を経験しており、良好な治療成績をおさめています。研究面では、分子生物学的手法を用いて泌尿器癌のゲノム解析や排尿障害に関する疫学研究、腎移植に関する臨床および基礎研究を行っています。また当講座は、学生や研修医に対する医学教育に力を注ぎ、学生講義はもちろん、勉強会やロボット手術の実習を定期的に行っており、若手医師の将来の夢に対し講座全体でサポートすると共に、患者さんや家族の皆様に信頼される医師を育成することを重要な使命と考えています。

講座・教室の基本理念

各疾患の根治性を追求するとともに患者さんのQOLの保持に配慮した、最新かつ最善の医療を提供します。また、ゲノム医学研究を通して新たな診断法および治療法の開発を目標とします。さらに、患者さんや医療スタッフと良好なコミュニュケーションを築き、“信頼と感謝の心”を忘れずに自己研鑽します。

主な研究内容および診療内容

<診療>

1.泌尿器癌(副腎癌、腎癌、腎盂尿管癌、膀胱癌、前立腺癌、陰茎癌、尿道癌、精巣腫瘍など)
2.包括的腎疾患診療(慢性腎臓病、血液浄化療法、腹膜透析療法、腎移植など)
3.排尿障害(前立腺肥大症、過活動膀胱、尿失禁など)
4.小児および女性泌尿器疾患
5.腎・尿路結石
6.尿路感染症
7.男性性機能不全

 

<研究>

1. ゲノム医学研究に基づいた泌尿器疾患に対する新たな診断法や治療法の確立
2. 腹腔鏡手術およびロボット支援手術を基盤とした低侵襲手術法の開発
3. 排尿関連疾患の疫学調査ならびに新規診療体系の確立
4. 女性泌尿器疾患のQOL調査と低侵襲治療の開発
5. 網羅的蛋白解析による腎移植の拒絶反応に関する因子の同定と予防法の確立
6. 維持血液透析患者におけるアルブミン結合尿毒素に関する研究
7. 急性肝不全に対する新規血液浄化療法に関する研究


泌尿器科学講座ホームページへのリンク