教育
HOME > 教育 > 学部紹介 > 医学部臨床講座紹介 > 外科学講座

外科学講座

当外科学講座は92の病床を有し、消化器疾患、内分泌(甲状腺、乳腺)疾患を中心とした一般外科、および小児外科を診療内容としております。学生の教育は総論では外科的診断法、基本的手術手技、外科的処置を中心に学びます。各論では各種疾患のなかで主として消化器、内分泌、小児外科疾患の症候診断、外科的治療、腹腔鏡下手術の理論を学び、さらに臨床実習により実際的なことを体験し、将来の医師としての態度も身につけます。近年、講座内に分子治療研究室を設置しトランスレーショナルリサーチにも力を入れております。

講座・教室からひとこと

若林 剛 教授

若林 剛 教授

元来、“内科、外科”は表裏一体の関係にあります。
 内科的知識をも持ち、本学建学の精神である“誠の人間、誠の医師、良医”をめざして、“謙虚な外科医”たることを目標にして、日常の患者さん診療の中から、学ぶ姿勢を忘れずに日々前進する気持ちを持ち続けて欲しいと願っています。“外科の魅力”を感じて、一人でも多くの仲間が集まってくれることを念じつつ…

講座・教室の基本理念

研究内容は、次項のように、多岐にわたりますが、あくまでも臨床に還元できるものを目標として努力しております。
 臨床面では“内外合一”の原則を重んじ、内科的知識をも併せ持ち、患者さんを全人的にとらえ、しかも治療・全身管理ができるオールラウンドの力を有する “臨床外科医”の育成を目指しています。

主な研究内容および診療内容

<診療>

  1. 甲状腺腫瘍(癌・腺腫)、機能亢進・低下症、上皮小体腫瘍
  2. 食道癌
  3. 乳癌、良性乳腺腫瘍
  4. 胃癌、胃悪性リンパ腫、胃GIST
  5. 肝臓・胆道・膵臓癌、肝移植、肝胆膵良性疾患
  6. 大腸・直腸癌、炎症性腸疾患
  7. 内視鏡手術(甲状腺・胆石胆嚢炎・肝・脾臓・副腎・食道・胃十二指腸良性、肥満手術等)
  8. 小児外科疾患
  9. 鼠径部ヘルニア

<研究>

  1. 甲状腺未分化癌の抗癌剤感受性試験を用いた治療、未分化癌の遺伝子・蛋白・サイトカイン解析、甲状腺手術時の術中反回神経モニタリングを用いた神経機能に関する検討
  2. 食道癌手術おける侵襲の軽減を目指した食道癌周術期管理の開発、食道癌の集学的治療、新規抗がん剤感受性試験の開発、手術周術期における至適栄養療法の開発、食道癌関連癌遺伝子・癌抑制遺伝子・細胞内シグナル伝達機構の解明、胸腔鏡下食道切除術など新規手術法の実践
  3. 術前化学療法後の適切な切除範囲、乳癌の化学療法効果予測に関するバイオマーカー、腫瘍の分化・薬剤耐性と幹細胞の関連、分子標的療法の効果予測と耐性化、センチネルリンパ節内のminimum residual disease(MRD)の検出
  4. 抗癌剤感受性試験を用いた高度進行胃癌に対する集学的治療の検討、早期胃癌に対する腹腔鏡下手術の安全・有効性と術後機能評価の検討
  5. 組織学的ステージⅢa、Ⅲb大腸癌症例に対する術後補助療法としてのUFT/LV療法とUFT/LV+PSK療法の無作為化第Ⅲ相比較臨床試験、結腸・直腸癌肝転移に対するベバシズマブ併用FOLFOX療法による肝切除の検討(第II相臨床試験)
  6. 腹腔鏡補助下肝切除術の有用性に関する多施設共同研究、腹腔鏡補助下ドナー肝切除術の症例集積と肝切除シミュレーションソフトを用いた肝再生と肝予備能の評価、胆道癌術後補助療法としてのTS-1+GEM併用第III相試験、開腹肝切除の低侵襲化を目指した手術手技の確立
  7. 単孔式腹腔鏡下手術におけるデバイスの開発と治療成績の評価、経管腔的内視鏡手術(NOTES)の開発、肥満症患者の脂肪細胞由来ホルモン動態と遺伝子多型の解析
  8. 胃瘻を利用した新たな低侵襲噴門形成術の開発、小児に対する単孔式腹腔鏡下手術の適応拡大、門脈血流測定による消化管虚血の評価
  9. ヘルニア修復の新素材を用いた術式の前向き検討、TAL下手術手技の確立
  10. 抗癌剤の効果予測・判定に関連する分子マーカーの探索および癌再発メカニズムの解明、腫瘍における遺伝学・生化学的および細胞生物学的不均一における研究