教育
HOME > 教育 > 学部紹介 > 医学部講座・学科紹介 > 病理学講座(機能病態学分野)

病理学講座 [機能病態学分野]

肉眼、光学顕微鏡、電子顕微鏡による形態学を基に、病態の理解と解釈を深めます。総論では身体各部におこる病変の共通原則を、各論ではそれぞれの器官ごとに病変を学習し、組織実習と症例の解析(CPC)によって知識の発展を計ります。

講座・教室からひとこと

増田友之 教授

増田友之 教授

本学入学を目指す学生諸君へ
医師になる動機をお持ちの学生諸君は是非岩手医科大学を受験されることをお勧めします。数ある医科大学の中で,本学ほど学生指導に重点をおいている大学はないと考えます。本業である学業を始め,クラブ活動,対外的活動など,幅広く学生生活を行うことが可能です。熱意ある教官に共に若い2度とない青春時代を自然あふれる盛岡の地で過ごされることをお勧めします。
本学大学院で研究生活を検討されている方々へ
現在,国の科学研究費は確実に増加しています。それはすなわち国が科学研究を行う必要があると認めているからです。医学的知識をバックボーンに医師が研究を行うことはより患者さんのニーズに応える研究が行えます。当病理学講座(機能病態学分野)は多くの研究者が臨床医経験を基として,患者さんのためになる,より臨床に直結する研究を常に行うことを心がけています。

講座・教室の基本理念

学生教育では主に2年次後半から3学年前期に講義,実習を行っています。また,4年次、5年次にも講義、クリニカルクラークシップを行っています。講義,実習,CPCは、病理診断学講座の教員と共に病気の成り立ち,原因,病態を講義しています。実習では病変の生じた臓器を肉眼で観察したり,顕微鏡を用いて体に生じた変化を学びます。必要に応じ,電子顕微鏡写真や分子病理学的所見も学びます。
一方,大学院では分子病理,細胞生物学的手法を用い,腫瘍,炎症の本質に迫る研究を行っています。

主な研究内容および診療内容

  1. 肝臓病理(肝疾患、腫瘍)
  2. 血液造血器、リンパ網内系組織の病理
  3. 消化器癌
  4. 心筋炎、心筋症、動脈硬化の病理
  5. 腎の病理(糸球体腎炎)
  6. 小児の消化器病理
  7. 骨軟部腫瘍
  8. 皮膚腫瘍

上記に関し、光顕、電顕(透過型、走査型)、組織化学免疫組織化学、画像解析、分子生物学的手法(プロテオーム解析、生体内分子間相互作用解析装置、標準的な細胞生物学的手法)を用いて研究を行っています。