教育
HOME > 教育 > 学部紹介 > 歯学部講座紹介 > 口腔保健育成学講座(小児歯科学・障害者歯科学分野)

口腔保健育成学講座 [小児歯科学・障害者歯科学分野]

小児歯科は、子供の口とその周囲を健全に育成することを目的とした歯科の一分野で、これを障害する疾患や異常の予防と治療法を修得する臨床科です。障害者 歯科は、知的あるいは身体、精神的障害によって通常設備の診療所において歯科医療を受けるのが難しい疾患(いわゆる歯科的障害者)のための臨床科目です。

講座・教室からひとこと

田中光郎 教授

田中光郎 教授

小児歯科のテーマは「むし歯で子供を泣かさない」です。しかし、実際には私どもの外来からは、まだ子供の泣き声が聞こえます。むし歯の治療は、大人でも嫌 なことですから子供にとってはなおさら、怖くて泣いてしまうのは当然のことでしょう。ではどうしたら「むし歯で子供を泣かさない」ようにできるでしょう か。そのためには、小児歯科の外来が怖くない場所だと子供たちに認識してもらうことが不可欠です。むし歯のあるなしに関わらず、やっと歯が生えた頃から定 期的に歯科検診を受け続ければ、子供にとって小児歯科の診療室は、見知らぬ、何をされるか分からない場所ではなくなります。小児歯科医は、時間をかけて 作った子供たちとの信頼関係をベースに、歯質の強化、未然の予防、初期のむし歯の発見、進行させないためのケアなど手を尽くすことができます。不幸にして むし歯になってしまったら、笑気などを用いて恐怖感や苦痛をコントロールしながら治療することもできるでしょう。子供たちの歯は、ご家庭と歯科医が協力し て守らねばなりません。乳幼児期からの「むし歯で子供を泣かさない」努力は永久歯をも守ることにつながると確信しています。
障害者歯科では、歯科 治療や予防処理を行う際、通常の方法ではできない場合が少なくありません。私達は医学・歯学の知識をひろく用いながら、歯科診療にいろいろ工夫を加えるこ とにより、よりよい患者の口腔状態、ひいては全身状態を目指しています。また、障害者歯科医療に携わることによって得られた知識を、逆に医学・歯学に還元 できるのではないかと期待しています。

講座・教室の基本理念

小児歯科学を通して、小児の健康維持・増進に寄与することを目的として、口腔領域の健全な育成をはかり、これを障害する異常や口腔疾患の予防ならびに治療 の理論と方法を研究・実践します。また、障害者歯科学を通して、各種障害の特徴や歯科診療に際しての工夫(全身管理および全身麻酔を含む)を教育します。 さらにそれらを通して、患者の歯科治療方法を自分で工夫できる歯科医師を育て、治療に役立つ技術の研究を行います。

主な研究内容および診療内容

<主な研究内容>

  1. むし歯にならない小児の細菌叢
  2. むし歯にならない歯の強化法
  3. 小児のいびき・はぎしり
  4. 全身麻酔中の呼吸様式と酸素化の関連
  5. 歯の発生

<主な診療内容>

  1. 小児の虫歯の予防
  2. 小児の虫歯の治療
  3. 全身麻酔下での小児ならびに障害者(児)の歯科治療
  4. 定期的チェックアップ(フッ化物の塗布、歯科衛生士によるプロフェッショナルケア)
  5. 歯の外傷(けが)
  6. 軟組織の異常への対応(舌小帯)など
  7. 咬合誘導(歯並び)
  8. 小児科入院患者の口腔ケア