教育
HOME > 教育 > 学部紹介 > 歯学部講座紹介 > 口腔顎顔面再建学講座(歯科放射線学分野)

口腔顎顔面再建学講座 [歯科放射線学分野]

自然界の放射線や原子力発電所事故による人体の被曝等を考え、医療上の必要性とより有効な利用法について考慮し、実験・研究を通してその裏付けを行っています。正しい知識のもとで患者さんに一般的恐怖感を持つ事なく応用出来るよう実技を加えて実習します。

講座・教室からひとこと

小豆嶋正典 教授

小豆嶋正典 教授

歯科医学は、補綴系、保存系、口腔外科系や咬合育成系など、いくつかに細分化されておりますが、どの分野をとっても放射線などを利用した画像診断は欠くことができません。特に歯は、顎骨という硬組織に囲まれていますから、非侵襲的に病巣を観察するためにX線は大変重要なツールであります。しかしこの放射線には、放射線障害や遺伝的影響など人体に対し良い影響を持たないという側面もあります。放射線を利用すれば、病巣を早期に発見したり、癌を縮小させるなどの利益がありますが、放射線の害についても考慮しなければなりません。そのため、歯科医には、診断のために撮影された画像を正確に読影し、適切な診断を下す能力が要求されます。講義や実習、あるいは卒後研修を通し、放射線に関する物理学や生物学、放射線防護といった基礎的な学問のほか、X線撮影法や放射線診断学、放射線治療学、核医学などの臨床的な学問についても学んでいただきたいと考えております。

講座・教室の基本理念

学生さんには講義や演習・実習を通して、歯科放射線に関連する知識や技能を習得すると共に、患者さんに接する際の態度やX線撮影、CTやMRI・核医学よる複合的な診断能力を身につけていただきます。どんなに講義や演習を行っても、学生さんが付いて来られないようであればやらないのに等しいですね。私たちは、「学生にわかる講義」をめざしております。2年生では、プラスチックの頭蓋骨模型とX線写真を手元に置いて、必ず覚えておかなければならない人体の構造を学びます。本格的な放射線学の講義は3年生で行います。ここでは板書を単にノートに写しとる講義ではなく、事前に要点をまとめたノートを配布し、書き込み作業を通して講義を理解するよう工夫します。4年生では少人数グループによる演習を通して医療面接やX線撮影技術、画像診断の能力を高めます。5年生では実際の患者さんに接する臨床実習が1年間行われます。この期間では、これまでに学んだことをベースとした総合的な臨床能力が求められます。6年生は最終学年になりますが、繰り返し講義と特定のテーマに沿った重点講義を行い国家試験合格を目指します。

主な研究内容および診療内容

<主な研究内容>

  1. PETやSPECTを利用した口腔癌の画像診断
  2. PET用腫瘍トレーサーの細胞集積の解明
  3. 高磁場MRIを用いた顎関節疾患の解明

<主な診療内容>

  1. 口腔領域に発生する疾患の画像診断
  2. 口腔癌の放射線治療
  3. インプラント治療のための画像診断