教育
HOME > 教育 > 学部紹介 > 歯学部講座紹介 > 解剖学講座(機能形態学分野)

解剖学講座 [機能形態学分野]

ヒトの体の肉眼的な基本構造について学びます。特に、ヒトの歯の形態的特徴を捉え、咀嚼器官としての働きを理解するとともに、臨床歯科医学への応用力を養 います。また、実習では、人体解剖の観察結果を系統的に統合しながら人体の構造を立体的に把握します。

講座・教室からひとこと

藤村朗 嘱託教授

藤村朗 教授

解剖学の中でも肉眼解剖は基礎中の基礎です。人体の諸機能を理解するための基本構造を教育する科目です。残念ながら、この基本が未だ解明されていない部分が多いのが人体であり、その結果、起る人体の諸現象が理解不能になっております。私達はそれらの諸現象から逆に人体の基本構造の不明な点を、時間と手間はかかりますが、一つ一つ、つぶしながら、毎年新しく上がってくる2年生に新しい知見を加えて教育をしています。まか不思議な存在である人体という小宇宙を私達自身が学生と共に探究し続けているところです。興味をお持ちの方、研究者に限らず、私達と一緒に勉強しましょう。

講座・教室の基本理念

系統解剖学とはヒトの体の構造を理解するのを目的とするが、形態の普遍性と変異を理解し、形態の意義、構造が存在する理由を個体発生的・系統発生的に理解する学問です。さらに歯科医師として歯科疾患の治療を行うに際し、局所解剖学的な知識は必要不可欠であるため、臨床上必須な構造の理解と応用力を修得する必要があります。また、口腔解剖学では系統発生的にヒトの歯がどのような経過をとって進化してきたのかを理解することにより、人類の歯の進化する方向を類推する学問です。さらに、ヒトの歯について1本1本の形態的特徴を理解し、これらがどのようにして一つの構造である歯列となって咀嚼機能を営んでいるかを理解することを目標としています。

主な研究内容および診療内容

  1. 口腔周囲組織のリンパ管構築に関する研究
  2. 口腔周囲組織の微小循環に関する研究
  3. 破骨細胞の分化と骨吸収機構に関する研究
  4. 骨芽細胞と破骨細胞の相互作用に関する研究
  5. 身元不明死体の照合におけるCTの応用