教育
HOME > 教育 > 学部紹介 > 歯学部講座紹介 > 微生物学講座(分子微生物学分野)

微生物学講座 [分子微生物学分野]

歯科の二大疾患である齲蝕(虫歯)と歯周病(歯槽膿漏)はともに口腔に存在する微生物によって起こる病気(感染症)です.しかし,それらの原因となる微生物は,齲蝕や歯周病に罹っていないヒトの口の中にも普通に存在します.ではどうして齲蝕や歯周病に罹るヒトと罹らないヒトがいるのでしょうか? どうしたら齲蝕や歯周病に罹らない状態を維持できるのでしょうか? こういった疑問は原因となる微生物の特徴/特異性を良く知り病気の成り立ち(病因論)を正しく理解してこそはじめて解決するのです.残念ながらまだまだ不明な点が残っており完全に解明したとは言い難いというのが現状ですが,分子微生物学分野では,医学全般に関連した微生物学,生体側の感染防御機構たる免疫学,口腔という場の特異性に立脚した口腔微生物学・免疫学さらには分子生物学・遺伝学のあらゆる知識と技術を駆使し,口腔感染症の病因論研究,その臨床応用および新規予防法・治療法の開発にむけスタッフ一丸となって取り組んでいます.

講座・教室からひとこと

木村重信 教授

佐々木 実 教授

分子微生物学分野では,「口腔の微生物に原因する疾患を駆逐すること」を最終目標とし,スタッフと大学院生,研究生,研修生がチームを組んで,さまざまな情報とアプローチの方法を選びつつ,オリジナルであることにこだわって活発に研究を行っています.また,教育面でも,学生の自主性や独創性を涵養しながら将来の歯科医学・歯科医療をリードする歯科医師の育成に力を注いでいます,講義・実習,研究指導を通じて,より広い生命科学の基盤にたつ口腔感染症の病因論についての深い理解とそこから導きだせる治療法・予防法の習得はもちろんのこと,さらにプラスワンを目指してスタッフ一同尽力しています.分子微生物学分野の研究活動・教育に興味をお持ちの方は,学内外,専門分野を問わず大歓迎です.門戸は常に開かれています.ぜひお訪ね下さい.

講座・教室の基本理念

微生物は自然界に広く生息しており,その種類はウイルスから細菌,原虫にいたるまで多岐にわたる.ヒトは微生物との相互作用/共存なくしては生存し得ない.しかし反面,ごく限られた微生物(病原微生物)のみがヒトに対して病原性を発揮し,その結果,ヒトは病気(感染症)に罹患する.病原微生物と生体側の感染防御機構について正しく理解し,如何にして感染症から身を守るか,如何にして微生物と共存していくのかを理解すること,これが医学微生物学の最大の主題であり,医学微生物学の一分野である口腔微生物学の主題でもある.齲蝕や歯周病といった口腔領域の微生物感染症を駆逐することを最終目標に,最先端の知識・技術を駆使して生命科学としての口腔微生物学・免疫学を構築するとともに,次代を担う学生を育んでいきたいと考えている.

主な研究内容および診療内容

  1. 歯周病原性細菌のビルレンス因子と宿主免疫応答に関する研究
  2. バイオフィルムとしてのプラークに関する研究
  3. 齲蝕の細菌・免疫学的研究
  4. 歯周組織再生に関する研究
  5. 口腔病原性グラム陰性菌に関する研究
  6. 種々の口腔レンサ球菌のビルレンス因子に関する研究
  7. ブドウ球菌の産生するプロテアーゼに関する研究
  8. 院内感染と院内感染予防対策