教育
HOME > 教育 > 学部紹介 > 教養教育センター学科 > 人間科学科(哲学分野)

人間科学科 [哲学分野]

常識にとらわれず物事を論理的に考える力は、どんな分野の研究をする場合でも必要です。「哲学」の授業では、そうした思考力を訓練する場を提供します。また「(生命)倫理学」では、生命倫理学の基礎知識を学びます。

講座・教室からひとこと

遠藤寿一 准教授

遠藤寿一 教授

哲学とは何をする学問なのかわからない、とはよく耳にするところです。哲学のわからなさは、たぶん、問題設定のわかりづらさにあるのだと思います。たとえば、ふだん私たちは夢と現実を区別していますが、哲学では、現実と信じている世界が実は夢であるという可能性はないのだろうかと敢えて問いかけます。そして様々な思考実験を通じて、夢と現実の区別を再検討し、たいていは常識を擁護する形で考察を終えます。結局常識が正しいのなら、なぜ余計な手間をかけるのか。ここがふつうの人には理解できないところだと思われます。しかし疑いを通じて、この世界の構造が見通しのよいものになるというメリットが、実はあるのです。そして、それが哲学の魅力だと言ってもいいでしょう。
教養部での生活は一年間です。短い期間ですが、その後一生触れることが無いかも知れない哲学の世界に、好奇心旺盛な新入生がやって来ることを期待しています。

講座・教室の基本理念

「自分」「他人」「真」「偽」「よい」「わるい」といった言葉の意味を人に説明しようとすると、案外難しくて、言おうとしていたことが次第にわからなくなってしまうことがあります。哲学とは、そうした困惑から出発し、そこに反省の光をあてて、言葉や概念の意味を事柄にそくして改めて正確に理解しようとする営みです。
哲学科では、大半の学生が高校「倫理」のイメージで哲学をとらえているという事情を考慮して、伝統的に継承されてきた倫理概念を導きの糸として、哲学的な思考法に親しむことができるように配慮しています。また、これと併せて、現代医療の発展に伴って生じてきた問題を考察の対象とする、生命倫理学の基礎を学んでもらいます。

主な研究内容

  1. カント研究
  2. 文化論(マルチカルチュラリズム、フェミニズムなど)
  3. 生命倫理(ケア論など)