教育
HOME > 教育 > 学部紹介 > 教養教育センター学科 > 化学科

化学科

本学科は、医学部、歯学部および薬学部の第一学年に対する、化学全般の講義および実習を担当している。前期は全学部を対象とした「ベーシック化学」および「アドバンスト化学」と、医・歯学部に対する「化学実験」を担当し、後期には医・歯学部に対する「専門課程への化学」と、薬学部に対する「基礎化学」および「化学実験」を担当している。
また、岩手県内5大学間単位互換制度では「専門課程への化学」および「基礎化学」を開講し、医療系大学における基礎化学教育を地域内大学にも広く開放している。

講座・教室からひとこと

6年一貫教育を標榜している本学での化学の授業は、「生命とは何か」ということを化学の立場から追求していくことを大きな柱としている。化学の立場からみると生命体は物質の集合体であり、炭素、酸素、水素、窒素をはじめとする、わずか30種類ほどの元素でつくられている。この約30種類の元素のいろいろの組み合わせによってタンパク質、糖質、脂質、核酸、ビタミン、ホルモンなどの多種、多様の分子がつくられ、これらの分子が集合して生命の基本単位の細胞が形成されている。細胞を構成している各種分子とはどのようなものであるかを知るとともに、元素からそれらの分子がどのような必然性で作られていくのか、また生体内でそれらの分子はなぜ代謝されていくのか、などについて学び「生命とは何か」を考えてもらいたい。

講座・教室の基本理念

化学は物質の組成やその相互作用を研究する学問であり、複雑で広い学問領域を含んでいる。しかし一方では広く我々の実生活と密接に結びつき、常に我々の日常生活全般にわたって広く、深く、関連をもっている。またその様な外部的なものだけではなく生命体の内部の生命活動と深い関係をもっており、生命活動のほとんどのことが化学反応または化学物質によって説明することができる。すなわち生命現象のしくみを説明するために化学の言葉を用いる必要があるといえる。従って化学科が担当する 講義・実習の全般を通して、生命科学を学ぶための基礎としての化学を身につけることを基本理念とする。

主な研究内容

  1. 機能性酸化物に関する固体化学的研究
  2. マスト細胞の調節性分泌に関する研究
  3. 受容体刺激により発生する細胞内情報伝達に関する研究
  4. 天然資源由来の低分子生物活性物質に関する化学生物学的研究