教育
HOME > 教育 > 学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

医学部  歯学部  薬学部  看護学部
医学研究科  歯学研究科  薬学研究科

 

医学部

本学の建学の精神「医療人たる前に、誠の人間たれ」を深く理解したうえで医師として必要な知識・技能・態度を修得し、チーム医療や地域社会において活躍できる医師として以下のような能力などを身につけ、かつ所定の課程を修めた者に対して、学士(医学)の学位を授与します。

  1. 医療人としての全人的人間性をもち、豊かな教養を身につけ、常に自分を振り返る謙虚な態度をもつこと。
  2. 初期臨床研修医あるいは研究医としての業務を行うために、医師国家試験出題基準に定められた、基礎生命科学、臨床医学、社会医学の知識・技能・態度を有すること。
  3. 地域医療あるいは研究の場で活用できる知識・技能と、前向きな姿勢を持つこと。
  4. 医療従事者、患者、家族などの質問や助言に真摯に耳を傾けることができる対話能力を持つこと。
  5. 社会正義と患者の福祉優先原則のもとに行動する倫理的態度を、自分のものとすること。
  6. 医療・医学の進歩に遅れることなく、最新かつ最善の知識と技能を修得する自己研鑽の姿勢を持つとともに、後進の育成にあたる責務を自覚すること。
  7. 臨床医として、地域医療の現場で働く将来ビジョンを描き、コミュニティーで果たすべき責任を自覚すること。
  8. 研究医として、人類の福祉に貢献することができる科学的思考方法を有すること。
  9. 臨床医あるいは研究医として、世界的に活躍することを期待できる外国語能力を有すること。

以上の教育成果を達成することができるように六年一貫でカリキュラムが構成されています。本学のすべてのカリキュラムを完遂し、年次ごとの科目を着実に修得することが必要です。そのため、学則第2条に定める期間を在学し、かつ第6条に定める所定の授業科目及び単位を履修修得することが要件となります。

 

歯学部

本学の建学の精神「医療人たる前に、誠の人間たれ」を深く理解したうえで歯科医師として必要な知識・技能・態度を修得し、チーム医療や地域社会において活躍できる歯科医師として以下の各資質を身につけ、かつ所定の課程を修めた者に対して学位を授与します。

  1. 歯科医師として患者や地域住民の生命を守るという責務を理解すること。
  2. 「生命の尊厳」、「守秘義務」、「患者の権利」に配慮して患者中心の歯科医療を実践すること。
  3. 患者やその家族に歯科医療の内容をわかりやすく伝え、さらには、彼らの気持ちに配慮しながら良好な人間関係を築くためのコミュニケーション能力を備えること。
  4. 医療チームの一員として、相手の立場を尊重しお互いの協力のもとに医療を円滑に実践すること。
  5. 科学的な根拠をもとに統合された知識、技能、態度を有し、全身的、心理的、社会的状況に対応可能な総合的な診療を実践すること。
  6. 地域の保健、医療、福祉、介護の現状や問題点を把握して、地域医療の向上に取組む態度が備わっていること。
  7. 国際的な医療活動に参加するための基本的な語学能力を有すること。
  8. 歯科医学や医療の発展に寄与する研究を遂行するために必要な知識と技能を有すること。
  9. 生涯にわたり歯科医療に対する自己研鑽を続ける態度が備わっていること。

以上の教育成果を達成することができるように六年一貫でカリキュラムが構成されています。本学のすべてのカリキュラムを完遂し、年次ごとの科目を着実に修得することが必要です。そのため、学則第2条に定める期間を在学し、かつ第6条に定める所定の授業科目及び単位を履修修得しなければなりません。その上で、各学年および卒業時に定められた成果評価試験(筆記式の試験、客観的臨床技能試験、態度評価)に合格したものを卒業とし、学士(歯学)の学位を授与します。

 

薬学部

本学の建学の精神「医療人たる前に、誠の人間たれ」を深く理解したうえで薬剤師として必要な知識・技能・態度を修得し、薬学の進歩と地域医療の発展に貢献する人材として以下のような資質・能力が育成されており、かつ所定の単位を修めた者に対して学位を授与します。

  1. 医療人としての倫理観を備え、患者・生活者の視点を考慮し行動する。
  2. 医薬品を理解して適正に取り扱う。
  3. 医薬品および関連する法規・制度、公衆衛生等について、医療人のみならず一般人にも分かりやすく適切に説明する。
  4. 適正な医療の提供および国民の健康維持・増進のサポートに貢献する。
  5. チーム医療において、患者・生活者、他職種から情報を適切に収集し、これらの人々に有益な情報を提供するためのコミュニケーション能力を有する。
  6. 医療施設や地域におけるチーム医療に積極的に参画し、相互の尊重のもとにファーマシューティカルケアを実践する能力を有する。
  7. 薬学・医療の進歩と改善に資する研究を遂行する意欲とそれを実践するための基本的な知識・技能・態度を有する。
  8. 医療における問題点を抽出し、科学的・論理的に問題解決を実践する意欲と態度を有する。
  9. 薬学・医療の進歩に対応するために、医療と医薬品を巡る社会的動向を把握し、生涯学習を実践していく意欲と態度を有する。
  10. 次世代を担う医療人を育成する意欲と態度を有する。

以上の教育成果を達成することができるように六年一貫でカリキュラムが構成されています。本学のすべてのカリキュラムを完遂し、年次ごとの科目を着実に修得することが必要です。そのため、学則第2条に定める期間を在学し、かつ第6条に定める所定の授業科目及び単位を履修修得しなければなりません。その上で、各学年および卒業時に定められた成果評価試験に合格したものを卒業とし、学士(薬学)の学位を授与します。

 

看護学部

本学の建学の精神「医療人たる前に、誠の人間たれ」を深く理解したうえで看護職者として必要な知識・技能・態度を修得し、チーム医療や地域社会において活躍できる看護職者として以下のような能力などを身につけ、かつ所定の課程を修めた者に対して、学士(看護学)の学位を授与します。

  1. 医療人としての全人的人間性をもち、豊かな教養を身につけ、常に自分を振り返る、謙虚な態度を持つ。
  2. 生命の尊厳と人間としての基本的権利を擁護し、人々の苦痛や苦悩を共感的に理解できる。
  3. 看護の専門職性及び看護の発展に貢献できる基礎的能力を持つ。
  4. 看護職者として、さまざまな健康上の課題に気づき、課題に応じて、創造的に看護を実践できる基本的な知識と技術を身につける。
  5. 患者との関係性のアセスメントを行い、看護を受ける人が自ら持つ力を高められるような援助理論と方法を身につける。
  6. 災害等の危機的状況においてもできるかぎり平常時と同様のケアを提供できるような構想力を身につける。
  7. 保健医療福祉システムの中で、多職種連携を図り、看護の機能と看護職者の役割を理解し、調整機能を果たすための基礎的能力を身につける。
  8. コミュニティーにおいて、医療職福祉職以外の人や機能と連携し、健康上の課題の解決に向けたネットワークが形成できるように看護職者の地域活動の機能を理解する。
  9. 変動する国際社会にあって、看護職者の役割を国際的な視野で認識できる。

以上の教育成果を達成することができるように四年一貫でカリキュラムが構成されています。本学のすべてのカリキュラムを完遂するためには、学則第2条に定める期間を在学し、かつ第6条に定める授業科目及び単位を履修修得する必要があります。

 

医学研究科

大学院医学研究科の理念と教育目標に則り、所定の教育課程を修了し、以下の各項目を身につけ、学位論文審査に合格した学生に“修士(医科学)”“博士(医学)”の学位を授与します。

【修士課程】
  1. 科学的思考のもとに医療行為(含、看護、介護等)あるいは生命科学研究を、おこなうことができること。
  2. 地域医療の現場や生命科学研究の場で、応用可能な、高度の専門知識・技能を身につけていること。
  3. 医療行為の安全性や効率性の改善を企画・提言し、実行できること。
  4. 高い専門知識や熟練した技能・技術で、多職種連携業務に貢献できること。
  5. 次世代の育成に貢献できること。

以上の教育成果を達成することができるように修士課程のカリキュラムが構成されています。定められた期間内に所定の講義と実習を受けて(学則第6条と第8条)、医療、あるいは生命科学の専門職としての知識と技術および態度を身につけることが求められます。また、研究活動で得られた科学的知見を学位論文として提出し、審査を受けて最終試験に合格することが、学位授与の要件となります。

【博士課程】
  1. 革新的な医療を立案・遂行するために必要な、基礎、臨床(応用)さらには学際的な分野にいたるまでの、幅広い知識を身につけていること。
  2. 最新の生命科学ならびに医学研究の動向について、継続的に情報収集と解析を続ける能力を有すること。
  3. 医療や生命科学研究の分野で、新たな課題を現実の問題から見いだし、課題解決に向けて自ら研究を計画・立案し、遂行できること。
  4. 自らの思考、判断の過程や結果を論理的に説明し、的確に記述する能力があること。
  5. 自らが見出した新知見を国際的に紹介し、討議するコミュニケーション能力を有すること。
  6. 医師として、その診断や治療能力を活かして地域医療の向上に参画する能力を有すること、あるいは研究者として、その科学的技能を活かして生命科学の進歩に貢献する能力を有すること。
  7. 高い倫理性を持って、高度医療や医学研究を遂行できること
  8. 次世代の育成に貢献することができること。

以上の教育成果を達成することができるように博士課程のカリキュラムが構成されています。定められた期間内に所定の講義と実習を受けて(学則第6条と第8条)、最先端の生命科学や医学知識を学び、卓越した医療技術を修得することが求められます。主体的に研究者として自立していることを証明するため、研究活動で得られた科学的知見を学術論文として、査読制度のある学術雑誌に掲載し、公表(あるいは掲載予定として受理)されなければなりません。国際的に評価される質の高い研究を企画し遂行するためには、しっかりした実験計画の立案と遂行途中での適切な見直しが必要となります。そこで、研究開始時、遂行途中および終了時の各段階で、それぞれ初期審査、中間審査を受けて最終試験に合格することが、学位授与の要件となっています。

 

歯学研究科

歯学研究科は、国際的な視野に立って自立して研究活動を行うに足りる高度の研究能力及びその基礎となる豊かな学識を養うことを目的とし、歯科医学と地域歯科医療の発展に貢献する生命科学研究者及び臨床歯科医師を育成します。
大学院歯学研究科の理念と教育目標に則り、所定の教育課程を修了し、以下の各資質を身につけ、学位論文審査に合格した学生に“博士(歯学)”の学位を授与します。

【博士課程】
  1. 革新的な歯科医療を立案・遂行するために必要な、基礎、臨床(応用)さらには学際的な分野にいたるまでの、幅広い知識を身につけている。
  2. 最新の生命科学ならびに歯学の研究の動向についての興味、関心を持っている。
  3. 最新の生命科学ならびに歯学の情報を分析し、新たな課題を現実の問題から見いだし、課題解決に向けて自ら計画、立案、アプローチ(遂行)をしている。
  4. 自らの思考、判断のプロセスや結果を、論理的に説明し、的確に記述している。
  5. 国際学会でプレゼンテーションするための、語学力、コミュニケーション力等の技能を身につけている。
  6. 高度臨床歯科医師として、その診断や治療能力を生かして地域医療の向上に参画する意欲を持っている。
  7. 歯学研究者として高い倫理性を持って、得られた知識、成果を社会に還元し活かそうとする態度を身につけ、次世代の育成に貢献する意欲を持っている。

以上の教育成果を達成することができるように博士課程のカリキュラムが構成されています。定められた期間内に所定の講義と実習を受けて(学則第6条と第8条)、高度歯科医療技術者としての知識と技能および態度を身につけることが求められます。また、研究活動で得られた科学的知見を学位論文として提出し、公表されなければなりません。論文の審査と最終試験合格が、学位授与の要件となります。

 

薬学研究科

大学院薬学研究科の理念と教育目標に則り、所定の教育課程を修了し、以下の各項目を身につけ、学位論文審査に合格した学生に“修士(薬科学)”“博士(薬学)”の学位を授与します。

【修士課程】

修士課程(薬科学専攻)においては、以下の人材となりうるための知識・能力を修得します。

 

  1. 薬学関連業界の幅広い領域で活躍できる人材

薬学に関する最新かつ充分な知識を身につけ、製薬企業の医薬情報担当者や医薬品開発担当者あるいは製剤技術者、医薬品開発業務受託機関におけるモニター、治験施設支援機関における治験コーディネーター、創薬科学研究者などとして、薬学関連業界における多くの分野で活躍できる。

  1. 最新の知識を身につけた薬剤師

これからの薬剤師界は、6年制薬学部を卒業した薬剤師によって活性化される一方、現に活躍している薬剤師によって牽引されていくことが望ましい。十分な実務経験の上に、薬学に関する最新の知識をバランスよく修得し、薬剤師界の発展に寄与することができる。

 

以上の教育成果を達成することができるように修士課程のカリキュラムが構成されています。定められた期間内に所定の講義と実習を受けて(学則第6条と第8条)、高度な薬学の知識と技能および態度を身につけることが求められます。また、研究活動で得られた科学的知見を学位論文として提出し、審査を受けて最終試験に合格することが、学位授与の要件となります。

【博士課程】

博士課程(医療薬学専攻)においては、以下の人材となりうるための知識・能力を修得します。

  1. 科学的な視野に立ち、臨床の場においてリーダーとなれる薬剤師

臨床の場におけるリーダーとして活躍するとともに、高度な専門知識を持った臨床薬剤師を教育することができる。また、がん専門薬剤師、感染制御薬剤師などの専門薬剤師認定資格取得に向けた学術基盤を構築している。

  1. 臨床におけるニーズを理解した医薬品開発研究者

リード化合物の探索、医薬分子の構造設計、有機分子と生体分子との相互作用、天然物由来の医薬品及びリード化合物、分子標的薬などの物理化学、有機化学、天然物化学、医薬品化学に関する知識、研究手法を修得している。これに加えて、これらの知識、研究技術を有効に活用するために、臨床での医薬品に対する要求について理解することができる。

  1. 新規医薬品、新規治療法の開発に向けたシーズを提供できる生命薬学研究者

生体高分子の構造、酵素反応、分子遺伝学、遺伝子の解析、生体膜の輸送の分子機構などに関する知識、研究手法を修得し、生命薬学研究者としての基礎を構築している。さらに医療分野における生命薬学の重要性を認識し、新規医薬品、新規治療法の開発に向けたシーズを提供できる。

  1. 6年制薬学部、大学院薬学研究科、臨床の場における薬学教育者

高度な専門知識と技能を備えた臨床薬剤師、医薬品開発研究者、生命薬学研究者、これらを教育することのできる人材となりうる。さらには実務実習に関する教育ができる。

以上の教育成果を達成することができるように博士課程のカリキュラムが構成されています。定められた期間内に所定の講義と実習を受けて(学則第6条と第8条)、最先端の生命科学や薬学知識を学び、卓越した技能を修得することが求められます。主体的に研究者として自立していることを証明するため、研究活動で得られた科学的知見を学術論文として、査読制度のある学術雑誌に掲載し、公表する(あるいは掲載予定として受理される)ことが求められます。国際的に評価される質の高い研究を企画し遂行するためには、しっかりした実験計画の立案と遂行途中での適切な見直しが必要となります。そこで、研究開始時、遂行途中および終了時の各段階で、それぞれ初期審査、中間審査を受けて最終試験に合格することが、学位授与の要件となっています。