教育
HOME > 教育 > 教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

医学部  歯学部  薬学部  看護学部
医学研究科  歯学研究科  薬学研究科

 

医学部

本学の建学の精神「医療人たる前に、誠の人間たれ」を深く理解したうえで、医師として必要な知識・技能・態度を修得したものに、医学士の学位を与えます。そこに至るため、六年一貫の教育カリキュラムと学生支援制度が作られています。

  1. 実社会における複雑な事象に余裕を持って対応するためには、医学以外の領域にも幅広い知識を有していることが大事です。そのため、初年次からさまざまな教養科目を選択で学びます。法や倫理に関しては、医学専門課程を学びながら4年生で履修できるようにしています。
  2. 地域医療あるいは研究の場で活用できる知識・技能と、前向きな姿勢を持てるようにするため、初年次から地域医療見学研修、医療体験実習、看護・介護体験実習、初年次ゼミをおこないます。初年次ゼミでは研究室で実務を学修します。
  3. 社会正義と患者の福祉優先原則のもとに行動し、倫理的態度を自分のものとするため、倫理的な教育を初年次から受けるとともに、医療の現場では行動と言動の是非を指導されます。
  4. 1~4年生では、基礎生命科学、臨床医学、社会医学の知識を修得し、常に自分を振り返る謙虚な態度をもてるようにするため、レポートやポートフォリオによる学修記録や小テスト、定期試験で学修達成度を各教科で判定しています。臨床現場に出て診療活動にStudent Doctorとして参加するだけの知識・技能・態度が身についているかどうかは、共用試験(CBTとOSCE)と大学の進級試験で判定します。
  5. 入試形態の相違によるハンディキャップを解消して、無理なく医学専門課程が履修できるような橋渡し教育を初年次におこないます。また、習熟度に応じた授業もおこないます。臨床現場で基礎的な医学知識を応用できるように、基礎生命科学を修得してから臨床医学を学修するように、順次性をもって1~4年のカリキュラムは構築されています、従いまして、原則的に学年ごとに進級試験を課しています。
  6. 医療・医学の進歩に遅れることなく、最新かつ最善の知識と技能を修得し、科学的思考方法を身につけるため、初年次にゼミナールに参加し、医学英語を2・3年生で学び、4年生で各講座・部門に配属されて研究実習をおこないます。図書館や教養教育センターあるいは学部専門講座の教員が、アカデミックリテラシーを教育する支援体制を構築しています。
  7. 臨床医として、地域医療の現場で働く将来ビジョンを描き、コミュニティーで果たすべき責任を自覚するため、5・6年生は大学附属病院と地域基幹病院でStudent Doctorという立場で、実際の診療チームに加わる実習(クリニカルクラークシップと言います)をおこないます。
  8. 人間関係を良好に保つことは、医療プロフェッショナルとして必用な資質です。そのため、初年次では全員が寮に入り、グループで生活する場に慣れるような環境を整備しています。初年次ゼミや4年生の研究室配属、あるいは各学年で配されているさまざまな実習は、少人数によるグループワークが基本になっています。臨床現場でのクリニカル・クラークシップは、医療従事者、患者、家族などの質問や助言に真摯に耳を傾ける姿勢を身につける場です。
  9. 医療現場で求められている)多職種連携をスムースにできるようにするため、初年次の問題解決型学修(PBL)などで他の学部の学生と一緒に作業をおこなう場を設けています。

 

歯学部

学士(歯学)の学位授与の方針を実現するために、汎用的な共通教育科目と、幅広い分野にわたる基礎専門科目、より専門的な臨床専門コース(科目)による教育課程を整備し、体系的な歯学の履修を可能にします。

  1. 法と医療倫理、生命の尊厳、守秘義務ならびに患者の権利を理解し、患者中心の歯科医療を実現するための社会歯科学系科目を設置します。
  2. 生命の尊厳についての深い認識を有し、豊かな人間性を身につけ、患者を中心とした全人的な歯科医療活動を実践するための基本的な素養を涵養するために、リベラル・アーツの科目を設置します。
  3. 患者やその家族との良好な人間関係の構築に必要なコミュニケーション能力を高めるための医療面接を理解し体験する科目を設置します。
  4. 医療スタッフ間の相互理解と様々な医療職種間のコミュニケーションを可能にするために、地域の開業歯科医院での体験実習や本学歯科医療センターでの診療参加型臨床実習を設置します。
  5. 科学的根拠に基づいた診断と歯科診療計画を考案することができ、それを効果的に診療に繋げられるために、基礎専門科目と臨床専門科目の関連性を重視したカリキュラム編成を実施します。
  6. 地域の保健、医療、福祉、介護施設と連携して、地域医療を推進する能力を身につけるために、看護体験実習、介護体験実習、地域医療体験実習を各学外施設との連携により実施します。
  7. 国際的な医療活動に参加するための基本的な英語能力を身につけるために、歯科医療に関連する英単語から英会話を学習する歯科専門英語を学習する科目を設置します。
  8. 歯科医学や医療の発展に寄与する研究マインドを涵養するための研究実地型科目を設置します。
  9. 生涯にわたる自己研鑽を継続するために必要な問題発見・自己解決能力を身につけるためのPBLなどの科目を設置します。

 

 

薬学部

学位授与に要求される能力を修得するために、薬学部は、以下の方針でカリキュラムを編成します。

  1. 6年間の全カリキュラムを通じ、生命と真摯に向き合う、温かい心を持つ「誠の人間」を育成します。
  2. 「薬学教育モデル・コアカリキュラム」および医療現場のニーズに基づき学習目標を設定し、学年進行に伴い順次達成していきます。
  3. 共通教育科目を通してヒューマニズムの基本や一般教養を身につけることにより豊かな人間性を育みます。
  4. 薬学専門科目を学び、医療を担う薬剤師に必要な知識・技能・態度を身につけます。
  5. 医学部・歯学部・薬学部連携科目を通じ、チーム医療において薬剤師として活躍するために必要な知識・技能・態度とコミュニケーション能力を身につけます。
  6. 薬学実習および卒業研究を通して、薬学研究の重要性を認識し、科学的・論理的な思考力、課題発見・問題解決能力を養うとともに、学ぶ姿勢や自己研鑽能力を身につけます。
  7. 病院と薬局における実務実習を通して医療現場の実際を体験し、臨床に資する薬剤師としての倫理観や実践力を養います。

 

看護学部

人がかけがえのない存在であることを理解し、看護を行うことができる自律した専門職として地域に貢献できる基本的な能力を備えた人材を涵養します。そのため基礎的な知識と実践力の修得に留まらず、初学の時期から医療安全を推進する基本的な姿勢と看護管理的視点を修得できる教育課程を整備します。その実現のために以下のカリキュラムを編成して体系的な理解が得られるようにします。

  1. 初年次教育として、高等学校からの橋渡し科目として位置付けられている理科・数学を学び教養の土台を築くとともに、全学部共学による「IPE(多職種連携)科目」を通して、論理的な考え方や表現方法の基本を修得するほか、適切かつ正確な情報を検索・収集する能力を身につけ、多職種連携の基本的な姿勢を学びます。
  2. 看護職者として、人としての高い倫理観を保持するために広い教養の修得を図ります。
  3. 高度・先進化していく医学専門知識と技術と看護学の多様性を相互に影響している関係性として結合させ、看護の実践に必要な知識を学びます。
  4. 専門的に体系立てられた知識と洗練された技術の独自性を健康課題の視点から理解できる医療人として、卒業後も地域と施設それぞれの特性と関係性を踏まえ、学び続ける力を身につけます。
  5. 県の地域性を、総合的・政策的・学際的に修得し、暮らしの場が災害などによる急激な変化に見舞われた時においても保健、医療、福祉サービスを途切れることなく提供できるように連続的・包括的にとらえ、看護職者としての活動が展開できるような能力を養います。
  6.  環境への深い洞察力を培い、看護職者としてのヒューマンケアを実践できるような国際的な視野を持ち、看護の実践、教育、研究、政策立案等において将来にわたって寄与できるような医療人となるための教育を行います。

 

医学研究科

大学院医学研究科の理念と教育目標に則り、所定の教育課程を修了し、以下の各項目を身につけ、学位論文審査に合格した学生に“修士(医科学)”“博士(医学)”の学位を授与します。

【修士課程】

医学研究科修士課程では、基礎科目と臨床科目、実習および演習を通じて下記の教育の機会を提供するとともに、より緻密な教育・研究指導を行うため、入学者には研究指導教員を定めます。

  1. 医療行為あるいは生命科学研究をおこなうための科学的思考を身につけるための「基礎科目」を必修としています。
  2. 地域医療や生命科学研究の場で、専門知識・技能に対し、実践的な考察を行うために、「先端医科学群」と「応用医科学群」の専門科目を設定しています。
  3. 医療行為の安全性や効率性を改善させる能力を養うための基礎科目を必修とし ています。
  4. 多職種連携業務に貢献できる基礎科目を必修としています。
  5. 研究指導者との経験より、次世代の育成に貢献する指導者としてモチベーションを養います。
【博士課程】

医学研究科博士課程では、基礎科目と臨床科目、実習および演習を通じて教育の機会を提供するとともに、より緻密な教育・研究指導を行うため、入学者には研究指導チームを定めます。

  1. 基礎、臨床、学際的な分野の幅広い知識を身につけるため、「一般分野」、「融合領域医学分野」、「高度臨床医育成分野」、「地域医療学実践分野」を設けるとともに、「共通教育科目」を必修としています。
  2. 医学研究の継続的な情報収集・解析能力を身につけるため、情報収集・分析力を養成する科目を共通教育科目に設定しています。
  3. 新たな課題を見出し、自ら研究を計画・遂行できるようになるため、履修プロセ  ス管理システムを整備し、初期審査及び中間審査を通して、研究計画書・進捗状況の評価とフィードバックを行っています。
  4. 論理的説明能力を身につけるため、最終試験では公開の場で発表とディスカッションを実施し、客観的に評価しています。また、的確な記述能力を身につけるため、査読制度のある雑誌への論文発表を行います。
  5. 国際的なコミュニケーション能力を身につけるため、国際学会での発表や国際誌 への投稿能力を養成する科目を共通教育科目に設定しています。
  6. 地域医療への参画能力を得るため、「高度臨床医育成分野」と「地域医療学実践分野」を設定しています。また、生命科学への貢献能力を身につけるため、「融合領域医学分野」を設けています。
  7. 高い倫理性を持って、高度医療や医学研究を遂行するため、研究倫理を共通教育科目に設定しています。

履修プロセス管理を通じて行われる研究指導体制を経験し、次世代の育成に貢献する指導者としてモチベーションを養います。

 

歯学研究科

博士(歯学)の学位授与の方針を実現するために、幅広い分野にわたる基礎的、汎用的な共通科目と、より専門的なコース科目による教育課程を整備し、体系的な履修を促進します。

  1. 各専攻領域に共通する幅広い素養や自主性、知識・技術を涵養するために講義・演習による大学院共通教育プログラムを設置します。
  2. 情報分析力、語学力、コミュニケーション力等の汎用的な能力を身につけるために、共通基礎科目を必修とします。
  3. 専攻別学科目に加え、とくに優れた研究能力を備えた臨床歯科医の養成を目的として、高度臨床歯科医育成コースを設置します。
  4. 専門分野の知識の獲得を確実にし、研究計画につなげるために、個人別の教育・研究履歴を作成します。
  5. 高度臨床歯科医師として、その専門性を生かして地域医療の向上に参画する意欲を高めるために、高度臨床歯科実習等の科目を配置します。
  6. 歯学研究者として高い倫理性を持って、得られた知識、成果を社会に還元し活かそうとする態度を身につけるための科目を配置します。
  7. 自らの思考、判断のプロセスや研究方法・成果を、論理的に的確に説明することができるように、初期および中間審査を実施します。
  8. 初期および中間審査で明らかとなった問題の解決および論文執筆に向けた審査を後期審査として実施します。

後期審査に合格し、かつ研究論文が雑誌に投稿、採択された学生は、主査副査による一次審査と研究科委員会による二次審査をへて、博士(歯学)の学位を授与します。

 

薬学研究科

大学院薬学研究科の理念と教育目標に則り、所定の教育課程を修了し、以下の各項目を身につけ、学位論文審査に合格した学生に“修士(薬科学)”“博士(薬学)”の学位を授与します。

【修士課程】

薬科学専攻の目指している下記の人材を育成するため、薬科学専攻では、A領域(構造・創薬)、B領域(細胞・薬理)、C領域(臨床・薬物)の3領域と共通科目に分類した講義科目のほか、実習及び演習を設けるとともに、より緻密な教育・研究指導を行うため、入学者には各1名の研究指導教員を定めます。

  1. 薬学関連業界の幅広い領域で活躍できる人材の育成

21世紀に入ってもなお、がん、成人病、感染症、遺伝病など、未解決の疾病に対して新しい薬が必要とされており、日本は高度な創薬科学の研究を効果的に進め、製薬工業に貢献することが求められています。そこで、4年制薬学部をはじめとする理系学部出身者が創薬科学研究の場で活躍できるための教育を行います。また、製薬企業の医薬情報担当者や医薬品開発担当者あるいは製剤技術者、医薬品開発業務受託機関におけるモニター、治験施設支援機関における治験コーディネーターなど、薬学関連業界において多くの分野で活躍できる最新かつ充分な知識を身につけた人材を育成します。

  1. 最新の知識を身につけた薬剤師の育成

現在の病院や薬局で勤務する薬剤師は、その多くが6年制薬学部の実務実習を担当しています。既に社会で活躍している薬剤師を2年制修士課程に迎え、薬剤師の学問的な資質、特に臨床における創薬科学の能力向上を目指し最新の知識を身につけた実務教育者として養成します。さらに、地域医療の担い手としての現役薬剤師が、最新の薬学知識を習得する場を提供します。

【博士課程】

医療薬学専攻の目指している下記の人材を育成するため、医療薬学専攻には医療薬学コースとして、分子病態解析学、分子薬効解析学、薬物療法解析学の3分野、加えて生命薬学コースとして、創薬基盤薬学,生命機能科学の2分野を置き、入学者はいずれかのコースを選択し、コースの教員と相談して研究指導教員を決定します。また、コースに応じた特別研究、セミナーを選択履修します。

  1. 科学的な視野に立ち、臨床の場においてリーダーとなれる薬剤師の育成

医療薬学コースの分子病態解析学、分子薬効解析学、薬物療法解析学の各分野において、薬物治療における高度な知識、技能、態度を修得した臨床薬剤師を育成するための教育・研究プログラムが設置されています。これにより、臨床の場においてリーダーとなれる人材、さらには高度な専門知識を持った臨床薬剤師を教育することのできる人材の育成を目指します。また、がん専門薬剤師、感染制御専門薬剤師などの専門薬剤師認定資格取得に向けた学術基盤を構築します。

  1. 臨床におけるニーズを理解した医薬品開発研究者の育成

生命薬学コースの創薬基盤薬学分野においては、物理化学、有機化学、天然物化学、医薬品化学に関する教育・研究プログラムを通して、リード化合物の探索、医薬分子の構造設計、有機分子と生体分子との相互作用、天然物由来の医薬品およびリード化合物、分子標的薬などの物理化学、有機化学、天然物化学、医薬品化学に関する知識、研究手法を修得します。これに加え、医療薬学コースにおける講義を受講することで、臨床におけるニーズを理解した医薬品開発研究者を育成します。

  1. 新規医薬品、新規治療法の開発に向けたシーズを提供できる生命薬学研究者の育成

生命薬学コースの生命機能科学分野においては、生体高分子の構造、 酵素反応、分子遺伝学、遺伝子の解析、生体膜の輸送の分子機構などに関する教育・研究プログラムを通して、生命薬学研究者としての基礎を構築します。さらに医療薬学コースにおける講義で医療分野における生命薬学の重要性を認識し、新規医薬品、新規治療法の開発に向けたシーズを提供できる人材を育成します。