中央診療部門
Home > 中央診療部門 > 臨床工学部

臨床工学部

臨床工学部は平成9年4月1日に臨床工学室として発足した、比較的新しい部署で、平成24年4月1日に臨床工学部に昇格しております。
臨床工学部の主な業務は、医療機器の操作と安全管理です。一言で医療機器といっても、院内にはさまざまな医療機器があります。さらに医療は日進月歩で進化し、細分化されており、それに伴って様々な新しい医療機器や、従来の医療機器も様々な機能追加による更新など、臨床工学技士が従事する内容はすさまじい勢いで拡大しております。
臨床工学部で管理している主な医療機器は8機種の特定保守管理医療機器の内、人工心肺装置及び補助循環装置、人工呼吸器、血液浄化装置、除細動器、閉鎖式保育器の5種類(放射線発生装置及び放射線照射装置は報告書のみ)や、その他、モニター関連、ポンプ関連、内視鏡関連、手術関連、など多岐に及んでいます。これらの機器の保守点検、操作、使用中の安全管理等の業務を日夜遂行しております。
また、医療機器の安全使用のため、特定医療機器の講習、新規導入機器の講習、新人看護師や研修医のための、人工呼吸器、血液浄化装置などの講習、各部署の依頼を受けた種々の講習などの医療機器講習会を行っています。
業務内容として、病院内の医療機器保守管理を主な業務とし、血液浄化業務、人工呼吸器業務など、手術機器の操作や心臓カテーテル治療に関する医療機器の操作などを遂行しています。

診療体制(平成29年度)

CEセンター(ICU、NICU)…4名
救急センター…3名
血液浄化療法部…3名
手術部…6名
循環器センターICU、手術室…6名
循環器センターHCU、心臓カテーテル室・・・5名

各認定取得状況

透析技術認定士…4名
呼吸療法認定士…3名
体外循環技術認定士…3名
不整脈専門治療臨床工学技士…1名
日本DMAT隊員…1名