Home研修情報>岩手災害医療ロジスティクス研修

研修の概要

自然災害、大規模事故等の発生により要救助者・避難者が大量に発生した場合に、発生直後から中長期にわたって適切に医療を提供するためには、医療従事者、救助関係者、行政職員の密な連携及び災害医療に係る実践力の強化が必要となります。 これら災害医療・救急救助に携わる人材の育成・強化を目的とした研修を開催致しております。

本研修では岩手県内の各種災害医療支援チームにおける業務調整員としての役割や、情報収集の手法・伝達手段の習得を目的としています。

今後の研修予定
研修内容 東日本大震災の教訓を踏まえ、通信の確保、広域災害救急医療情報システム(EMIS)や
記録といった災害医療活動を円滑に行うために必要なロジスティクスの基本を習得するための講義と実習を行います。
 講義|災害対策本部とロジスティクス
 講義|保健医療活動チームにおけるロジスティクスについて
 実習|広域災害救急医療情報システム(EMIS)
 実習|J-SPEED
 実習|衛星携帯電話実習
 実習|記録実習
開催日程 令和元年度開催予定の研修は終了致しました。
次年度以降の開催予定は調整中です。
開催場所 災害時地域医療支援教育センター(岩手医科大学矢巾キャンパス)
受講対象 職種は問わない(岩手県内に勤務されている方)
受講定員 調整中
参加費用 調整中
申込方法

受講申込期間が近づきましたら、こちらに公開いたします。

備  考
問合せ先 岩手医科大学 全学教育企画課(災害時地域医療支援教育センター担当)
〒028-3694 岩手県紫波郡矢巾町医大通一丁目1-1
Eメール|saigai@j.iwate-med.ac.jp
電 話 |019-651-5110(内線5576)
FAX |019-611-0876(直通)
過去の研修について