トップ >  卒業後の進路

卒業後の進路

薬学部

 医療技術の進展とともに薬物療法が高度化しており、チーム医療・在宅医療の現場において、薬剤のスペシャリストである薬剤師への期待が増しています。実務実習を通して、臨床に係る実践的な能力を身につけた薬剤師の活躍フィールドは、病院、調剤薬局・ドラッグストア、医薬品メーカー、医薬品卸売業、治験機関、薬事行政など多岐にわたっています。その他、検査機関、化粧品・食品メーカー、バイオ関連企業などに就職する道も開かれています。大学院を卒業後、研究機関や教育機関で活躍することもキャリアパスの一つとして挙げられます。

看護学部

 少子高齢化の進展、医療環境の変化などを背景に看護の資格を活かして活躍できるフィールドは拡がっています。看護師・保健師・助産師として専門性を発揮できる場は、病院や診療所だけでなく、保健所や市町村などの行政機関、訪問看護ステーションや介護施設、助産院、学校や企業など多岐にわたっています。また、専門看護師や認定看護師、教育研究者、看護管理者を目指す道、大学院進学への道もあります。

ページの上へ