Home研修情報>災害医療コーディネーター養成研修

研修の概要

自然災害、大規模事故等の発生により要救助者・避難者が大量に発生した場合に、発生直後から中長期にわたって適切に医療を提供するためには、医療従事者、救助関係者、行政職員の密な連携及び災害医療に係る実践力の強化が必要となります。 これら災害医療・救急救助に携わる人材の育成・強化を目的とした研修を開催致しております。

岩手県から委嘱された災害医療コーディネーターと、行政機関の保健医療担当者を対象とした研修です。災害医療コーディネーターとしてのスキルアップを図ることを目的とします。
平成23年東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)の対応、災害医療の先進地の取組等を踏まえ、災害医療概論、災害時における行政の仕組みに関する内容の他、災害医療コーディネーターの役割を理解し、医療救護班や関係機関との調整手法を習得します。

今後の研修予定

研修内容 平成23年東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)の対応、災害医療の先進地の取組等を踏まえ、災害医療概論、災害時における行政の仕組みに関する内容の他、災害医療コーディネーターの役割を理解し、医療救護班や関係機関との調整手法を習得することを目的とします。
【研修プログラム】
  1. 講義|災害医療コーディネーターとは
  2. 演習|広域災害・救急医療情報システム(EMIS)
  3. 演習|J-speedについて
  4. 講義|災害関連法規と災害時公衆衛生活動
  5. 講義|熊本地震支援 ~ADROでの活動~ 医療と保健の連携
  6. 講義|近年の災害医療対応緊急報告
  7. 演習|本部立ち上げシミュレーション
  8. 講義|災害時小児周産期リエゾンについて
  9. 講義|DPAT(災害派遣精神医療チーム)について
開催日程 令和元年度開催予定分の研修は終了いたしました。
次年度の開催予定は調整中です。
開催場所 災害時地域医療支援教育センター(岩手医科大学矢巾キャンパス)
受講対象 岩手県の委嘱を受けた災害医療コーディネーターおよび
災害時に災害医療コーディネーターと協力し、医療救護班などの活動調整業務を行う行政の保健医療担当職員など
参加費用 調整中
申込方法 研修申込受付期間となりましたら、こちらに申込方法を公開いたします。
備  考
問合せ先 岩手医科大学全学教育企画課(災害時地域医療支援教育センター担当)
〒028-3694 岩手県紫波郡矢巾町医大通1丁目1-1
Eメール|saigai@j.iwate-med.ac.jp
電  話|019-651-5110(内線 5564、5567)
FAX |019-611-0876(直通)

過去の研修について