Home>医師派遣機能強化事業

目的

岩手医科大学では、3年前の東日本大震災津波以降、今日まで岩手県沿岸部被災地医療機関への医療支援を担って参りましたが、依然として被災地医療機関では医師不足の状況が続いております。

このことから、医師派遣機能強化を図ることを目的として、文部科学省補助金「大学等における地域復興のためのセンター的機能整備事業」を活用して、全国から医師を招聘し、岩手医科大学教育職員として沿岸部被災地医療機関の支援を行います。

募集要項
※現在教員募集は停止中です。
応募条件 (1)原則として3ヶ月以上、岩手医科大学及び被災地医療機関で勤務可能な方
    1)勤務期間の詳細につきましては、ご相談させていただきます。
    2)沿岸部被災地医療機関に赴任いただく前に、必要に応じて2週間程度の研修を
      予定しております。
(2)労働契約形態は、出向契約等ご応募いただく医師の所属されている機関との協議に
    より対応させていただきます。
給与月額 約450,000円(医師免許取得後3年目の医師の場合)
賞与 6月、12月
岩手医科大学
での職位
経歴に報じて以下の職位で採用します。
  1)准教授(経験14年以上かつ医学博士)
  2)講師(経験7年以上かつ医学博士)
  3)助教(上記以外)
・本学の規定に基づく個人研究費を支給
・岩手医科大学退職後は、必要により客員教員として委嘱させていただきます。
配属先/
勤務地
(1)ご応募いただいた医師の専門領域に応じて、本学の講座に配属いただきます。
(2)勤務いただく被災地医療機関は次のいずれかとなります。
   1)岩手県立久慈病院
   2)岩手県立宮古病院
   3)岩手県立山田病院
   4)岩手県立大槌病院
   5)岩手県立釜石病院
   6)岩手県立大船渡病院
   7)岩手県立高田病院
お問い合わせ 岩手医科大学学務部 医学部教務課 担当:
  Tel.019-651-5111(内線3223)
  Fax.019-651-8055
  e-mail:ikyomu@j.iwate-med.ac.jp
活動実績

平成27年度

岩手県立宮古病院に医師1名派遣

平成26年度

岩手県立山田病院に医師1名派遣