研究
HOME > 研究 > 大学院紹介 > 医学研究科案内 > 講座・分野等紹介 > 内科学講座(消化器内科消化管分野)

内科学講座(消化器内科消化管分野)

講座・分野紹介

消化管疾患、胆膵疾患を中心とした内科学を対象とします.成人における消化管、胆嚢、膵臓の診断と治療について系統的な知識と技能を習得し、腫瘍性疾患および炎症性疾患に関する病態の解明を研究テーマとします.具体的には胃癌、大腸癌の内視鏡診断とエピゲノム解析、本邦で増加しつつある潰瘍性大腸炎・クローン病の遺伝子解析、胆・膵疾患における内視鏡治療に関するエビデンスの構築、小腸疾患の診断体系確立、希少消化管疾患の病態解明を目標としています.臨床的には、レベルの高い内視鏡診断と治療を学ぶことができます.臨床と研究の両面から、若手の教員が積極的に責任をもって指導します。

主な研究内容

・胃癌、大腸癌の内視鏡診断と治療

・遺伝性消化管疾患の遺伝子解析

・炎症性腸疾患の病態解明と治療

・胆膵疾患の画像診断と内視鏡治療

・炎症発癌の分子解析

・薬剤性消化管粘膜傷害の発生機序

・小腸疾患の内視鏡診断

学生へのメッセージ

消化管の主な機能は、生命維持のために不可欠な消化・吸収です.加えて、近年では腸内細菌叢の影響をうけながら全身の免疫反応を調節する重要な役割を有することも明らかとなってきました.すなわち、消化管は生きるための基本臓器といえます.一方、消化管のなかでも、食道、胃、大腸は癌の発生が多いので、これらの早期発見、治療、あるいは予防などは重要な課題です.また、癌に加えて、原因不明で難治性に経過する炎症性疾患の有病者数は増加の一途をたどり、消化管の領域で極めて重要な疾患となりました.このように、消化管疾患は極めて有病率が高いといえます.内科学講座消化器内科消化管分野では、消化管疾患に真摯に向き合い、内視鏡を中心とした画像診断と治療を学びながら、研究成果を世界に発信したいと考えています.よき臨床医を目指す方、研究に興味のある方をお待ちしています。