就職・研修を希望される方

HOME > 就職・研修を希望される方 > 職員募集 > 事務職 仕事紹介 > 学務部歯学部教務課

学務部歯学部教務課

近藤 敬

 

学務部歯学部教務課 課長補佐近藤 敬

略歴
平成9年採用 盛岡大学卒

業務について

「就職時:病院事務部医務課」8年

医務課とは、附属病院の企画管理担当部署です。その中で私は官公庁への各種届出関係(附属病院の施設基準に関する届け出等)、患者数等の統計資料作成、病室等の環境整備等を行っておりました。また、医務課とは病院に関する様々な要望等が寄せられる部署であり、通常業務の他その対応も行っておりました。要望等に際してはとにかく現場に足を運び、目で見て実態を理解し、関わる様々な職の方と連携し対応した経験は現在にも活かされています。

「学務部歯学部教務課」7年

教務とは、学籍管理、試験の実施、成績管理、カリキュラム管理、学生及び教員の対応等、学校の運営を日々支える部署といえます。大学を取り巻く環境が刻々と変化している中、我々教務担当事務職員に求められることも多様化しており、社会情勢や学内事情変化に常に対応していかなければなりません。
現在の職場へ異動し7年目になりますが、未だに毎日のように悩むと同時に新しい発見があります。問題解決のとき重要となるのは、ただ目の前の事象の処理に集中するのではなく、何が本来の目的なのかを的確に捉えるということです。本学は「誠の人間である医師・歯科医師の養成」を使命としています。この使命を念頭に、今問題となっている事柄はどうあるべきか、様々な条件を盛込みながらあるべき姿に至る道筋を組み立て、他者の意見を聞き智恵を集約させる。そういったマネージメント・工程作りに、私たちの力量が問われるわけです。本学は今、移転をはじめとして、内部組織構造・教育方法も変革を続けており、歯学部においても、より有機的な形へと現在改革が進められている最中であり、我々事務職もその改革の一翼を担っています。

プライベートの過ごし方は?

大学のイベント等特別な事情で出勤する以外は、比較的しっかり休日をとることができます。私の場合は就職してから始めた野球やサッカーで体を動かしたり、盛岡は近郊に温泉が多数あることから家族と一緒に日帰り温泉に行ったり・・・。仕事と休日のメリハリをつける事が仕事への活力にもなっています。

志望者のみなさんにメッセージをお願いします

本学は事務職員の他、医師、歯科医師、看護師といった様々な専門職で成り立っています。その中で事務職員とは、一見地味なパソコン業務担当と思われがちかもしれません。しかし、実際は大学・病院の運営を円滑に進める上で、非常に重要な役割を担っています。資格が無い職種だからこそ、必要とされる能力は多岐に渡り、やりがいのある仕事です。向上心があり、本学の為に自分の力を使いたいと思っている方。ぜひご応募ください!!