最新ニュース
HOME > 最新ニュース > 研究 > 100人規模のエピゲノム解析に世界で初めて成功し、3層オミックス参照パネルを公開

100人規模のエピゲノム解析に世界で初めて成功し、3層オミックス参照パネルを公開

いわて東北メディカル・メガバンク機構(IMM)生体情報解析部門 清水厚志特命教授らの研究チームは、東北大学東北メディカル・メガバンク機構との共同で、エピゲノム(遺伝子修飾情報)の一つである全DNAメチル化情報の100人規模の高精度な解析に世界で初めて成功し、その情報をゲノム(遺伝子情報)・トランスクリプトーム(遺伝子転写情報)と併せて3層オミックス(網羅的生体分子情報)参照パネルとして公開しました。

DNAメチル化は生命活動に必要な仕組みの一つですが、様々な環境要因によって異常が生じ、生活習慣病・がん・うつなどの発症に関連することが明らかとなりつつあります。今回の参照パネルを活用することで、これらの疾患の誘因となる個人個人の遺伝子修飾と環境要因との関係をさらに明らかにし、新たな予防・診断・治療法の研究開発の促進につながることが期待できます。

4月14日(木)には、国立研究開発法人 日本医療研究開発機構(AMED)で記者会見を行い、佐々木機構長、人見副機構長のほか、参照パネル構築に携わった清水特命教授らが説明を行いました。(記者会見資料はこちら

 

検索サイト(http://imethyl.iwate-megabank.org/

IMMホームページ(http://iwate-megabank.org/

 

佐々木機構長によるご挨拶

佐々木機構長によるご挨拶

清水特命教授によるご説明

清水特命教授によるご説明